新刊発売中です。

美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 

価格/1,300+税 →こんな本です①。こんな本です②。





今日はわんこの話です。

決してお綺麗な話ではございませんし(犬という時点で察して)、

お食事中の方はアレだと思うので、

とりあえず村松公園のお好み焼きとお昼寝中の二番娘でもご覧いただき、

また後程ご来店くださいませ。
IMG_5161-1
FullSizeRender
IMG_5158-1
IMG_5160-1
家の汚さには目をつぶっていただき、

今日はその②でその①はここ↓






ネットで見つけた「粗相をしたら叱ってはいけない」の術をためしたところ、

どういうワケか、不動の粗相をみせるようになったうちの二番娘。




あのですね、そもそもですよ。

うちの和室って7畳なんですよ、7畳。

さして広いワケでもないけど、狭いワケでもなく、

ワリと一般的な広さだけれど、それはあくまで人間から見た「広さ」なワケで、

チワワから見たらめちゃくちゃ広いと思うんです。


それが全域に渡ってチワワのトイレとか、どんだけかなと思うんです。

そんなん私達が東京ドームの真ん中でするようなものかと思うんです。


逆に落ちつかないと思うのは私だけなのか、

世間では広いほうが良いとされているのか、

私にはよく分からないんですけど、

失敗率100%って逆にすごい。


ある種の感心を覚えたものの、

これではいけない。

和室(全域)がチワワのトイレになってしまう。

(いやもうなっている)




私は、三日三晩悩み、新たな手を考えに考え尽くし、

辿りついた答えは「震えあがるほど叱る」。

結局、叱ってしつけることにした。

(先に言っておきますと、消臭剤だの便利グッズ系だのは、あらかた試しておりまして、なんの効果も得られてないです。まさかの効果0%)




粗相をするたびにタマを呼び、

粗相をするたびにタマを叱り、

それをひたすらに繰り返しても一向に減らない粗相。

さすがに100%から増えることはないけれど、減ることもなく、

さぶろー山から「叱り方が甘い」と指摘された私は、

粗相したタマをいつもの500倍くらいの勢いで怒った。

怒られたタマはビビりすぎてその場で粗相に粗相を重ね、

まさかのトリプル粗相がここに誕生。




しかし、この怒りはタマの心にも響いたのか、

次の日、タマの様子が少しおかしかった。

私がどこにいても、私が何をしても、

お構いなしに私を追い、抱っこをせがむようになった。


私が座れば、私によじ登り、
IMG_0475
私がトイレに行けば、トイレの前で待ち、

私が風呂に入れば、入れてくれと鳴き、
IMG_0554
私がキッチンに立てば、足の間に入ってくる始末である(かわいい)。


元々、臆病なタマは、何かあると私を追い、抱っこをせがむのだけれど、

異常なほど私にすり寄って来る時は、「具合の悪い時」である。


私はすぐさまタマを抱き上げ、

その足で動物病院に向かったワケだけれど、

めちゃくちゃ元気になり、なんでもなかった。

でも、帰って和室を見たら粗相があった。


そしてそれは、次の日も繰り返され、

さらに次の日も同じことを繰り返され、

さらに次の次の日も同じことを繰り返され、

そして私たちは気づくのです。




「・・・ひょっとして粗相を教えてる・・・?」




ーーーそう。

あの日、あの時、私が見せた怒りの形相はよほど怖かったのか、

タマは「甘える」ことで、いや、むしろ「媚を売る」ことで私に粗相を教えていた。

確かにある種、これも「具合が悪い」ではある。

アイツ、天才か。


ひとしきり感心をしたものの、

私は、頭を悩ませた。

今まで以上に頭を悩ませた。


「甘える」「媚を売る」ということは、してはいけないことをしているという認識があるはずだ。

タマだってしたくてしているワケではないはず(と願いたい)なのだ。

いい加減、この戦いに終止符を打ちたい。

タマのタメにも、

私のタメにも、

和室のタメにも・・・!




ひな「・・・ひょっとしたら、トイレの場所が分からないんじゃない?」


あたし「なるほど!」




確かに、度重なる粗相で、和室は消臭剤まみれ。

トイレの臭いより消臭剤の臭いがするほどである。

臭いが散乱してタマも何が何だか分からなくなっているのかもしれない。

その可能性は大である。


私は、タマが粗相をしたら、すぐさまタマを叱りつけ、

「トイレはここ!」と、トイレの上にタマをのせることにした。

「トイレはここだよ」「トイレはここ」「トイレはここ」「トイレはここだから」「トイレはここ」「トイレトイレトイレトイレ」を何度も何度も繰り返した。




ーーーそして迎えた次の日。




タマが自らトイレにのっている。

トイレの上で私を見つめている。

もう、ここ数年見れなかった夢の光景が今ここに。


あたし「タマ・・・!」


私は心を躍らせ、タマに走り寄った。


あたし「ついに・・・ついに分かってくれたんだね・・・!」


タマは尻尾をぶんぶんと降り、

私はそのままタマを抱き上げた。

しかし、トイレシートは真っ新で、


あたし「え。」


振り返れば粗相。


あたし「え。」


和室には粗相。


あたし「えええええ。」
IMG_0641
ーーー以来タマは、

和室で粗相を済ませ、

その後自らトイレにのるスタイルを確立したーーー










ご清聴ありがとうございます。

がんばれ・・・!の応援クリックはこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。





これ、現在進行形でワリと真剣に悩んでます。

外でしてくれれば一番ありがたいんですけど、なぜか外ではしないタイプです。

なんでか分からんけど、何度教えても絶対しない。




\リアルタイムで更新情報が届きます/