新刊発売中です。

美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 

価格/1,300+税 →こんな本です①。こんな本です②。





年度末に土日に付け加え、

新元号の発表(←地味に仕事がかさむ)も重なり、

昨日は夜中まで仕事をしたのだけれど、

おかげさまで2%ほどの目途がつき、

いつもよりゆっくりだった今日の朝。



家族みんなはすでにいなかったけれど、それもまた一興。

私はタマを抱いて寝室を後にし、廊下を歩いていると、

おかんの汚部屋のドアが全開になっていた。
IMG_0661-1
きっと、寝坊でもしたのだろう。

慌てて起きて、そのまま部屋を飛び出し、ドアのことなど頭になかったのだろう。

と思いたいけれど、

彼女の場合はこれがデフォルトスタイル。

どんなに時間があろうと、どんなに怒られようと、どんな仕掛けを施そうと、

すべての扉をオープンにする女、おかん。

もちろん社会の窓もフルオープンである。



そして、いろんなものが見え隠れしているけど、

これでも綺麗なところを切り取っているので、

いろいろと察していただき、元の汚部屋はこれです。

あれから5ケ月、

生まれ変わった汚部屋が見事な汚部屋と化した件については、

また順を追ってお届けできればいいなぁ。と思います。マジやべえ。





さてさて。

そんな汚部屋を通り過ぎ、

階段を下りると、

廊下から洗面所に続く扉が再びオープン、フルオープン。
IMG_0662-1
きっとおかんは、少し慌て気味にこの道を通ったのだろう。と思いたいけれど、

もちろんデフォルトだし、

さらに我が家は、

廊下→洗面所→キッチン(&ダイニング&リビング)と回遊できるようになっているのだけれど、

その、洗面所からキッチンに続く扉も、

もちろんオープン、フルオープン。
IMG_0663-1
この道を通ってキッチンに着いたことは名探偵じゃなくても想像できるし、

さらに、キッチンに着いたおかんが朝ご飯にパンを焼いたことは、

子供でも想像できるし(↓)、
IMG_0655-1



その後、弁当箱にご飯を詰めたことも安易に想像できます(↓)。
IMG_0656-1
オイコラ、炊飯器開けっ放しだぞ。



(ちなみに、炊飯器に「2時間」と表記されているのは、炊きあがって2時間という意味であり、

それは2時間ずっと炊飯器がこの状態であることを示すものでもあります。

FUKUKOご自慢のツヤテカ米、カッピカピ)



私は大きくため息をつき、炊飯器に手をかけたところで、

今度は冷蔵庫が私を呼びます。
IMG_0657-1
「ピーピーピーピー冷蔵庫が開いてますンゴ!」



くそバアア・・・!





多分おかんは、すべてが開けっ放しなことにも気づかず、

そのくせ、自分のスタイルだけはしっかりと守り抜き、

そのまま家を出たらしい。
IMG_0659-1
(リビングもフルオープン)





そして私が何が言いたいかと言うと、

おかんの触れたもの、すべての扉が。
IMG_0663-1-1開けっ放しである。





私は、やや「くそババア・・・!」と思ったものの、

ここは新潟、雪の降る新潟県(←季節外れですが絶賛雪中)。

いくら24時間暖房とは言え、扉が開けっ放しでは寒くて敵いませんので、

おかんの足跡を辿りながら扉を閉め歩いたワケですが、

おかんの汚部屋にさしかかった時、妙な春風を覚え、

もしかして・・・

と思ったら。
IMG_0660-1
エアコンも全開だった。

くそババア・・・!








ご清聴ありがとうございます。

怒っていいと思う方はこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。







母へーーー


優しさから言わせてもらうと、

今日は絶対帰ってこないほうがいいと思うけど、

どうしても帰ってきたいなら、

それなりに覚悟して帰ってきな。

ミスド10個買ってこい。






\リアルタイムで更新情報が届きます/