IMG_0992-1
筍とチャーシューのパスタ・ポテトサラダ・ミネストローネ・いちご










先日、いっかーと長女あるあるVS末っ子あるあるについて語り合った後のこと。





いっかー「そういえば最近、友達が料理教室に通い始めて。一緒にどう?って誘われたんですよ。」





あたし「へー!いいじゃん、いいじゃん!」





学校を卒業し、社会に慣れることに必死な20代前半。

がむしゃらに働くことと引き換えに、今まで貰ったことがないようなお給料を手にし、

がむしゃらにお金を使う20代前半。

(とりあえず、目に入るものは全部買っとけ。的な)



少し余裕ができ、お金の使い方も分かってくる20代後半。

そこそこ大きな買い物もでき、自分への投資も欠かさない20代後半。

(あー、ちょうど車検だし車買っとく?みたいな)



そして、仕事にもお金にも余裕ができ、欲しいものはそこそこ買い尽くす30代前半。

次なるお金の使い道を見失い、新境地開拓へと向かう30代前半。

(ま、料理でも習ってみっか。みたいな)





あたし「確かにそうよね。いっかーもそんな年頃になったかぁ。」





出会った頃は二十歳そこそこのピチピチだったいっかー。

いつまでも20代のイメージだったけど、そんないっかーも昨年、アラサーという領域に突入した。





いっかー「でね、あたしもお料理教室いいなぁと思ったんだけど、ふと、気づいてしまったんです。」





あたし「うんうん。」





いっかー「あたしにはここがある。ってことに。」





あたし「なるほど・・・!」





いっかー「だって、お料理教室はお料理しか教えてくれないけど、ここなら料理も洗濯も全部学べるんです。

お母さんさえいれば全部教えてもらえるんですよ!!!」





絶対に教えてもらえないもの=掃除。ですが。





あたし「そだね。掃除は何があっても教えてやれないけど、それ以外のことなら・・・

うん。掃除以外ならイチから教えてやんよー!」





ただし、掃除はこっちが教えてもらう立場。ですけど。





いっかー「でしょ?でしょ??だからね、あたしには料理教室が必要ないってことに気づいてしまったんです。」





あたし「そうだね。嫁入り先が決まったら、半年間ここに住んで修行すればいいよ~。

毎日寝食を共にして、朝から晩まで花嫁修業すればいいー!」





いっかー「イエ、嫁入り先は決まってないんですけど。」





あたし「いや、あの・・・決まらなくても!嫁とか云々じゃなくて!

いっかーならいつここに来て住んでもOKだから!!!ね?ね?」





そんな話の流れから、いっかーと即席お料理教室ごっこをすることになり、

二人で晩ごはんを作ったって話。
IMG_0998-1
/筍とチャーシューのパスタ byいっかー作\




これのレシピを書くタメに、昨日わざわざチャーシューレシピを出した。とか、

待望の36筍がイマイチ生りが悪くてしょんぼりしているとか、

イロイロ語りたいことはあるんですけど、

こちらは36筍とチャーシューで作ったパスタ。



チャーシューはこれを使ってますが、他のタイプでも大丈夫。

お好みのチャーシューでどうぞ。







レシピ筍とチャーシューのパスタ @レシピ


【材料】4人分
パスタ・・・・・400g
筍・・・・・160g
チャーシュー・・・・・80g
にんにく・・・・・3片分
チャーシューのタレ・・・・・大さじ3~4(タレの濃さによって調節)
ネギ・・・・・適量
塩・胡椒・・・・・適量
オリーブオイル・・・・・適量 


【作り方】
あたし「じゃ、まずはにんにくをスライスしまーす。」



いっかー「ハーイ!」



あたし「にんにくをスライスする時は、尻尾のほうを数枚切ったら、箸で芯をぐいっと押し出して芯を抜きます。」



いっかー「芯を抜く・・・?」



あたし「そう、芯が入ってるとね、炒めた時にここだけ焦げるん。」
IMG_0979-1
いっかー「なるほど・・・芯を抜いてからスライス・・・っと。」



あたし「そしたら、スライスしたにんにくはフライパンに入れちゃって、なんならオイルも入れちゃってOK。」



いっかー「なるほど、こうすれば余計な洗い物もでないし、邪魔にもならない。」



あたし「そう。洗い物はひとつでも減らしたいからね。」



いっかー「ほほう。」



あたし「じゃ、そのままネギを小口切りにして、そしたら筍をスライス、チャーシューは棒状に切って。」
IMG_0981-1
いっかー「了解しましたー!」



あたし「材料が切り終わったら、フライパンに火をつけます。」



いっかー「はいっ!」



あたし「そして、フライパンに火をつけるのは、パスタをお湯に入れてから2分後がベストです。」



いっかー「へー!」



あたし「あくまでうちの8分茹でのパスタの場合だけどね。」



いっかー「じゃ、先にパスタを茹でて、2分経ったらフライパンに火・・・っと」



あたし「そうそう。オリーブオイルでにんにくが香るまで火を入れるんだけど、最初は弱めの中火くらい。」



いっかー「弱めの中火・・・」



あたし「にんにくが香ってきたら、火を強めて、筍を入れて。」
IMG_0983-1
いっかー「炒めて、炒めて・・・っと。」



あたし「筍に火が入ったら、とりあえずチャーシューの煮ダレを大さじ1だけ、筍に目がけて入れて。」
IMG_0982-1
いっかー「先にタレを入れるんだ・・・!」



あたし「そうそう。筍は味が絡みにくいからね、先に筍だけ味をつけるといい具合に仕上がるよ♡」
IMG_0984-1
いっかー「筍に味がつきましたー!」



あたし「そしたら、チャーシューを入れてさっと炒めて。」
IMG_0986-1
いっかー「チャーシューを入れて・・・」



いっかー「炒めて、炒めて・・・」
IMG_0987-1
あたし「そんなこんなをしてると、ちょうどよくパスタが茹で上が・・・」



ピピピ・・・



あたし「ハイ、茹で上がり。すぐさまフライパンに入れてー。」
IMG_0988-1
いっかー「フライパンいっぱいー!」



あたし「そしたら、チャーシューの煮ダレを大さじ2~3くらい入れて、

ついでにパスタの茹で汁をお玉1杯分くらい入れて、塩・胡椒を・・・」



いっかー「えっと、タレを入れて、茹で汁を入れて、塩・胡椒で・・・」



あたし「ハイ、シャーっと、シャーっと、強火で一気にあおってー!」
IMG_0989-1
いっかー「シャーーーーーーーーーー!」



で、最後にネギをのせれば。
IMG_1002-1
いっかー「できたー!」





筍とチャーシューのパスタ、できあがり♡
IMG_1003-1
いっかー「お母さん・・・あたしでも作れた・・・!あたしでも作れたよ・・・!」





あたし「よかった・・・!よかったよいっかー!パスタだよ・・・!ちゃんとパスタができたよ・・・!」
IMG_1013-1
いっかー「しかも、美味しいいいいいいいい・・・!自分で作った味じゃないみたい・・・!」





あたし「違うよ、いっかーが作ったんだよ!

いっかーが材料を切って、いっかーが炒めた、いっかーのパスタだよ!」





いっかー「夢のようだー♡」





という、アラサー女子に夢を与えたこのパスタ。

そのまま食べても美味しいんですが、

ちょっと辛みが欲しいなーって時は、七味がおすすめ。
IMG_1017-1
タバスコや黒胡椒もウマイんだけど、これは七味がウマイ。

そして、我が家、今、京都の黒七味を使ってるので、色が黒いんですけど、

まぎれもない七味です。ハイ。







筍とチャーシューのパスタ、以下、レシピです。



レシピ筍とチャーシューのパスタ @レシピ


【材料】4人分
パスタ・・・・・400g
筍・・・・・160g
チャーシュー・・・・・80g
にんにく・・・・・3片分
チャーシューのタレ・・・・・大さじ3~4(タレの濃さによって調節)
ネギ・・・・・適量
塩・胡椒・・・・・適量
オリーブオイル・・・・・適量 

【作り方】

1:にんにくはスライスし、ネギは小口切りに、チャーシューは棒状に切る。

2:鍋に湯を沸かし、パスタを塩茹でにする。

3:フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、香りがでたら火を強め、筍を炒める。

4:タレ大さじ1を入れ、筍にからませる。

5:チャーシューを入れてさっと炒める。

6:茹で上がったパスタとパスタのゆで汁、タレを入れ、塩・胡椒で味を調える。

7:ネギをのせ、できあがり。
IMG_0998-1
オリーブオイルで作りましたが、ごま油でもウマイ。








そして、これもあたし監修の元、いっかーが作ったポテサラ。
IMG_1005-1
いっかー「ポテサラも作れた・・・!」
 






これは昼の残りのオニグラをリメイクして作ったスープ。
IMG_1006-1
具が見えてないんですけど、

いっかーが角切りにしてくれました。







そして、デザートにいちご。
IMG_1011-1
別にこれは作ってもいなければ、もいですらいないんですけど、まぁ、いちごです。

越後姫です。







いっかー「こうやってお母さんと作るとちゃんと作れるのに、一人で作ると全部同じ味になっちゃって・・・

何作っても同じ味なんですよねー・・・」





あたし「嗚呼・・・一人暮らしだと調味料の種類も決まってくるしね・・・」





いっかー「そう!すべてが醤油か味噌の二択みたいな。」





あたし「いや、でも、うちもベースの味は醤油か味噌だよ~。」





いっかー「ええっ?でもお母さんみたいな味にはならないですよ?」





あたし「んとね・・・そういう時は調味料を少しだけ買い足すといいんだけど・・・

一人暮らしで買い足すべき調味料はね・・・これこれ。これが便利でいいよ!」



ガーリックパウダー。



もし、選べる状況下にあるならGABANのガーリックパウダーが香り、味共に良くてオススメなんだけど、

メーカーにこだわらないなら、スーパーにも売ってるし、100均にも売ってます。





あたし「これが一本あるだけでね、ある程度のものは作れるようになる!」





一人暮らしでにんにくってそう買わないと思うんだけど(というか、買っても使い切れないのではないかと)

パウダーなら常温で保存できるし、賞味期限も一年以上あるし、収納場所も取らない。




のに。





あたし「料理のバリエーションはものすごい広がる。」





あたしのレシピなら、にんにくって書いてあるものすべて、コレで代用できます。





いっかー「へえ・・・!」





あたし「ただ、パスタを作る場合、最初ににんにく本体とオイルで炒めるけど、

これは最後の塩・胡椒と同時くらいに加えるのがいいかな。」





作るものによって加えるタイミングが異なることはあるけど、

唐揚げの下味にも使えるし、

焼き鳥のタレも作れる。

なんなら、焼肉のタレだって作れちゃう。




いっか「おお・・・!」





一人暮らしには、ガーリックパウダー。

絶対オススメ。





と、そんなことを話ながらいっかーと囲む食卓。
IMG_0994-1
晩ごはんの後も長女あるあるVS末っ子あるあるは語られ、

それは、2日後に開催されるいっしー&いっかーとの母の日子供の日パーティーでも語られることになるのだけれど、

それはまた別の話。




いっかー、またお料理教室ごっこしようね。







ご清聴ありがとうございます。

読んだよー。のしるしに応援クリック1、2、3!

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

応援ありがとうございます。ぺこりぺこり。






嫁入りが決まったら、料理教室Okameへ。










\リアルタイムで更新情報が届きます/