IMG_0480-1
豚肉のしぐれ煮&ピリ辛いしぐれ煮マヨおにぎり










今日は、久々の「週末の作り置きコーナー」でっす。
IMG_0491-1
/豚肉のしぐれ煮&ピリ辛しぐれ煮マヨおにぎり\





工程1~4で、豚肉のしぐれ煮レシピ。

さらにそこから進めば、ピリ辛しぐれ煮マヨおにぎりレシピ。
IMG_0487-1
どこまででもお好きなだけお進みくださいませ。





レシピ豚肉のしぐれ煮&ピリ辛いしぐれ煮マヨおにぎり @レシピ


【材料】作りやすい分量
豚肉(薄切りや小間など)・・・・・200g
生姜・・・・・2片~3片分
◎醤油・・・・・大さじ2
◎酒・・・・・大さじ2
◎みりん・・・・・大さじ2
◎砂糖・・・・・大さじ1 


【作り方】
1:豚肉は食べやすい大きさに、生姜は千切りにする。
IMG_0208-1
豚肉はバラでもロースでも小間でもお好きな部位でどうぞ。


2:生姜と◎印を鍋に入れ、火にかける。
IMG_0210-1
まぁ、中火くらいで。


3:沸騰したら、豚肉を入れる。
IMG_0211-1
面倒でなければ、一枚ずつ広げながら入れてあげるとウマイです。


4:蓋をして、10~15分ほど煮る。時間があれば、そのまま冷まし、冷めたら豚肉を適当にほぐす(ちぎる)。
IMG_0271-1
できれば一度冷ましたほうがウマイです。醤油の角がとれるので、作りたてより次の日のほうが、美味しい。



豚肉のしぐれ煮できあがり♡
IMG_0273-1
面倒であれば、ほぐさなくても大丈夫ですが、

ほぐすと断面が増えて、味の染み込みがいいです。



最初から細かく切るんじゃなく、出来上がってからほぐすのがコツで、

こうすると、お店のしぐれ煮みたいになって、ちょっと美味しいんだよね。

(もちろん、面倒ならほぐさなくても大丈夫ですんで。お好みでどぞ)







で、ここからはしぐれ煮マヨおにぎりのレシピです↓


5:ほぐしたしぐれ煮にマヨネーズと、七味を入れる。
IMG_0475-1
マヨネーズも七味も適量で大丈夫。


6:まぜまぜっとして。
IMG_0476-1
まぜまぜ。


7:ご飯の上にピリ辛しぐれ煮マヨをのせて、さらにご飯をのせて、にぎにぎっとして。
IMG_0477-1
お塩をふってもヨシ、おにぎり用のご飯を炊いてもヨシ、お好みでどうぞ。



ピリ辛しぐれ煮マヨおにぎりできあがり♡
IMG_0482-1
しぐれ煮+七味でも美味しいけど、

うちはマヨ和えのほうが人気。





特にあたしは、大のマヨネーズ好きなので、マヨ必須。
IMG_0501-1
最近、新幹線の中で食べる朝ごはんは、90%の割合でこれ。

すげえ、うまい。

どハマリ中。





具が見えるように撮ったほうが分かりやすいかなーと思って、具のせ型に握りましたが。
IMG_0486-1
むちゃくちゃ。食べにくいです。



もうね、

かじった側からぼろっぼろ崩れて、

食べにくいったらありゃしない。





この形↓のほうが、断然食べやすいです。
IMG_0497-1
普通に食べるだけの人はこの形がいいよ。絶対。





ちなみに、豚肉のしぐれ煮の状態なら、冷蔵庫で4~5日。

冷凍保存もできます。(ラップに包んで小分け冷凍しておくと、お弁当に超便利)

マヨネーズで和えちゃうと、日持ちもしないし、冷凍もできなくなるので、

和えるのは食べる分だけがオススメ。
IMG_0495-1
/以上、週末の作り置きコーナーでした\










で。









さぶろー山「お前知ってるか?」




昨日、帰ってくるなり、さぶろー山が言った。





さぶろー山「AKB総選挙、新潟でやってるらしいぜ。」





鼻の穴を膨らませ、大変誇らしげに教えてくれたさぶろー山。



ここは、「へー!すっごーい!」くらい言ってあげるべきなのだろうけど、

TVすら壊れて写らない我が家。(この日からずっと壊れたままですが。ええ。気の利くTV)

AKBと言われても、





ひな「ふーん。」





これが精一杯。

仕方ない。





さぶろー山「ものすごいらしいぜ。人が。」





うん。

うちはTVも壊れて写らないけど、

きっと、AKBファンが全国から集結するワケだし。

こんなど田舎まで足を運ぶワケだし。

そら、人もすごいでしょうね。





あたし「でも、新潟にそんなデカいハコ、あったっけ?どこでやってるん?」





さぶろー山「ハードオフスタジアム。」





あたし「なるほどねー。確かにあそこなら入るだろうけど、交通の便がねー・・・みんな、大変だろうねー。」





建築面積13,000㎡、延床面積12,600㎡、収容人数30,000人のハードオフスタジアム。

は、

見渡す限りの緑・・・と、

大変新潟らしい環境(田んぼの真ん中)にあり、

新潟駅から車で15分。

徒歩ならゆうに30分。

新潟空港からなぞは、勘定もできないほどの距離を持つスタジアム。

もちろん、近隣に泊まれる施設など、ない。





あたし「みんな、どうやって帰るんだろ。終電とか間に合うのかな。」





さぶろー山「お前!いいよ、その質問、いいね。いい!」





特に何も聞いていないのに、

なぜか、意気揚々と説明を始めるさぶろー山。





さぶろー山「市内のホテルはALL満室!近隣市のホテルもALL満室!

満室に満室が重なり、長岡(新潟市から50kmほどの場所)のホテルまで満室になってるらしいぜ!!!」





うん、

ホント、何も聞いていないのに、

なぜかAKB帰宅難民事情を説明してくれるさぶろー山。





あたし「それは・・・大変そうだね。」





本当に申し訳ないのだけれど、

TVすら壊れて写らない我が家。

ぶっちゃけあたしも、他に返す言葉がない。





さぶろー山「でな。」





あたし「うん。」





さぶろー山「オレはこれから、帰宅難民の視察に出かけなければならなくて、だな。」





あたし「え、なんのタメに?」





AKBファンでもなんでもないさぶろー山(←メンバーの名前、一人も言えない)が、

なぜ。

視察に行かねばならないのか。

そこ、教えてほしい。





さぶろー山「いや、俺もいろいろと大人のお付き合いがあって・・・だな。うん。

とりあえず帰宅難民の視察をして・・・だな。ごにょごにょ・・・。

で、帰りに一杯やってこようと思うん・・・だ・・・ごにょごにょ・・・」





あたし「ああ、なるほど。」





その言葉を翻訳すると、

「オレ、今日、飲みに行きたいんだよねー。帰宅難民を見るふりして一杯飲んでこよっかなー。」的な。

そういうことですかね。

そういうことですよね。





さぶろー山「あ、もちろん、お前が一緒でもいいんだよ?お前もどう?たまに一緒に一杯、どう?」





あたし「ううん、あたしね、ちょっと忙しいんだ。ごめん。」





ちょっとどころか、猫の手も借りたいくらい忙しい。

右指が。





あたし「あたしのことはいいから、ゆっくりして来て。好きなだけ飲んできて♡」





さぶろー山「オッケーオッケー!じゃっ、行ってくるわー!」





ありがとうAKB。

やかましいのが愛しいダーリンが出かけてくれたおかげで、




好きなものを好きなだけ。買えた。








ご清聴ありがとうございます。

セールが大好きです。そんなお仲間さんはどうぞこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






今日も元気に参戦中。