新刊発売中です。

美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 

価格/1,300+税 →こんな本です①。こんな本です②。



IMG_1181-1
夏の浅漬け










6月も末に差し掛かり、

布団は毛布からタオルケットへ、

飲み物はホットからアイスへ、

化粧水はしっとりからさっぱりへと変わり、

半袖もノースリーブも板についてきた今日この頃。



もちろん衣替えはしておらず、

今年もニットとリネンの混在した絶妙なクローゼットで夏を迎えようと思うというか、

もう絶対迎える、迎えるに違いない、迎えないワケがない!んですが、

クローゼットの衣は変えられなくても、漬け物の衣は変えられるぞ。

ということで!
IMG_1170-1
/夏の浅漬け\



初夏をイメージした爽やかな風味の浅漬け。

浅漬けであるからにして、パリポリした食感が心地よく、

それでいてすっきりさっぱり、うっま!



なのに、使う調味料はこれ一本。
IMG_1132-1
めーんーつーゆ!だけ。








レシピ夏の浅漬け

【材料】5~6人分
カリフラワー・・・・・1株くらい
きゅうり・・・・・1本くらい
人参・・・・・1/2本くらい
茗荷・・・・・1~2個くらい
めんつゆ・・・・・大さじ2.5くらい(4倍濃縮タイプ)

【作り方】
1:カリフラワーは小房に分け、きゅうりは厚さ1cm程度の斜め切りに、人参は8mm角×4cm程度のスティック状に切り、茗荷はスライスする。
IMG_1130-1
IMG_1137-1


2:カリフラワーをさっとゆがき、ザルにあげ、しっかりと水気を切る。
IMG_1136-1


3:材料をすべて保存容器やポリ袋に入れ、混ぜてみたりもんでみたりしながら1時間以上置く。
IMG_1140-1



夏の浅漬けできあがり。
IMG_1161-1
めんつゆしか使わないのに、全然めんつゆ感がなく、

ちゃんと漬け物、超漬け物。



めんつゆ一本でもしっかりばっちり漬物の味になっているのは、

この子のおかげ。
IMG_1185-1
/茗荷\



たかが茗荷とあなどるなかれ。

たった1個の茗荷でも、コイツが実に働き者で、

超絶いい仕事をしてくれて、

思わずボーナスとか出したくなるレベル。

あたしですら貰ってないのに。
IMG_1188-1
ちなみに、この日はカリフラワー、人参、きゅうりの3つを漬けたけど、

それは単に我が家の冷蔵庫事情によるもので、

かぶとか、大根とか、茄子とか、ワリと何を漬けても美味しいのでお好みの野菜でどうぞ。



ついでに、漬け時間もお好みでいいし、

なんならめんつゆの分量もお好みでいい。
IMG_1211-1
めんつゆは4倍濃縮タイプを使ってるけど、

2倍濃縮や3倍濃縮を使う場合は、気持ち多めに入れてもらえればそれでOKだし、

そもそもあたしはいつも、野菜も計らなければめんつゆも計らず、

ただただ切った野菜を野田琺瑯に入れて、

めんつゆを適当にじょぼぼぼぼぼーって入れて、

そのまま食べてるけど、毎回ウマイ。

漬かりが浅くても、漬かりが深くてもどっちでもウマイ。



日が経つごとに変わる食感やしょっぱさを楽しむのも漬け物の楽しみ方かなーと思うので、

あんまり面倒に考えず、ざくざく切って、めんつゆに浸せばいいよいいよ、それでいいよ。
IMG_1200-1
うちは野田琺瑯で漬けてるけど、

ジップロックでもポリ袋でも、入ればなんでもOKです。



一度漬ければ4~5日くらいは日持ちするし、

ポリポリポリポリパリポリ・・・サラダ感覚で食べれる夏の浅漬け。
IMG_1176-1
夏の作り置きにお役立ていただけたら嬉しいです。


 





ご清聴ありがとうございます。

読んだよー。のしるしにこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






夏が来るよー!(←冬より夏派)







\リアルタイムで更新情報が届きます/