新刊発売中です。

美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 

価格/1,300+税 →こんな本です①。こんな本です②。





世間的には「黄金」と呼ばれるほどのお休み週間だけれど、

あたしにとって、鬼門以外の何物でもないのが「GW」というもの。



去年は、ライブドアのお勉強会に行きつつ、基本のスタイルはレシピ本の撮影で終了。

と、ワリと無事に過ごせたけれど、

一昨年は、1日だけ貰ったお休みに高速に乗って少し遠出をしようと思ったら、

高速もインターもすべてがもんのすごい激混みで、

腹が減ってレストランに向かえばラーメンもうどんもご飯も売り切れで、

じゃあ高速を降りようかと思えば、渋滞すぎて降りることすら叶わず、

延々と高速に乗り続けた強引ウィーク(GW)だったんだよね。
IMG_1292-1
高速に12時間乗り続けて、食べれたのが1人1本のアメリカンドッグだけっていう。



で、2015年は、はるか様が超長期滞在中で、みんなで会津に行ったんだけど、

目的地に辿り着く前からさぶろー山とはるか様の自由人っぷりがさく裂し、

超振り回されながら着いて行ったら、目的のラーメン屋は長蛇の列で、

帰りに高速に乗ればそれはもう大渋滞で、

何をやっても思惑が外れ、すべてにおいてダメダメだったっていう、ダメダメウィーク。



2014年は、タマの初旅で県北へ行ったんだけど、

笹川流れのさらに奥の奥のまったく人気もなければ車通りすらない海道で、

さぶろー山が見事縁石に乗り上げ、当たり前のようにタイヤがパンクし、

しかも傷ついたのがリムんとこでタイヤは見事おじゃん。

仕方なしなしロードサービスを呼べばGWで来ない。的な。

どうやって帰ってきたかは覚えてないけど、

さぶろー山が砂浜から流木を拾ってきて、

その流木でタイヤを叩く奇行にでたことだけはよく覚えてて、

その流木でアイツの頭カチ割ってやりたいと思ってたこともよく覚えてる。



2013年は、やめればいいものを、たけのこ食べたさにBBQに参加したところ、

見事に大当たりを引き、高熱を出し寝込んで終了。



2012年は、かぎちゃんファミリーとramちゃんファミリーが渡新潟してくれて、

多分、唯一楽しかったであろうGWの思い出(貴重)。



2011年は、さぶろー山と2人で庭造りに精を出し、モルタルまみれになったのはいいものの、

6年経った今、すべてが崩壊し、邪魔以外の何物でもないっていう。



2010年は、さぶろー山の腰が壊れ、介護に始まり介護に終わった介護ウィークだったんだけど、

これはホント辛かった(あたしが)思い出しかない。



2009年は、原因不明の高熱で寝込んでるところにGWがやってきて、

休みの合間をぬって病院をハシゴさせられた挙句、

救急で出された痛み止めを飲んだら薬疹まででてきて、

結局2週間以上も寝込んだっていう地獄のようなGW。



2008年は、ひなが水疱瘡だかおたふくだかを頂戴し、看病で終了し、

2007年は、春巻きの食いすぎで病院に運ばれて、ベッドの上で終了し、

2006年は、なんでか分からんけど親子でダウンし、これまたベッドの上で終了。



他、温泉に言ったら湯あたりをおこして倒れたバージョンですとか、

ビッグサンダーマウンテンに乗ろうとしたら、鼻血を吹いて倒れたバージョンなんかも取りそろえてまして、

ホント鬼門、マジ鬼門。

ひょっとしたら年度違いとかあるかもしれないけど、

世の中が浮かれてもあたしだけは浮かれてはいけないことだけは確実。

それが黄金週間、もとい、GWというもの。





で、今年は・・・と言いますと、まぁ、ちょっと聞いてほしい。





実は数年前から治療してる部分があるんだけど、

生死にかかわるものでもないので、

痛くなれば病院に行って、処置して、良くなって、また痛くなれば病院に・・・

的な感じで過ごしてたんだ。

っていうのも他に治療法がなくて、完治とかもあんまりなくて、生まれつき系なのでどうしようもない感じで。



病院にさえ行けばどうにかしてもらえるので、

まぁ、しょうがないか。と思いながら付き合ってきたんだけど、

つい2週間ほど前。

ちょうどGWの最中に、予想外の激痛が襲ってきて、結構本気で痛くなってきて、

耐えきれずに病院に運ばれたところ。






先生「手術ですね」






あんまりにもサクッと言われてびっくりしたと同時に

GWってホントついてねえな。って泣いた。






で、先生との話し合いの末、どうにもこうにも逃げられないことが分かったので、

嫌々手術をすることにしたのが今年のGW序盤。

手術の日にちを決める時、先生は11日の金曜日を押したんだけど、

金曜日はどうしても仕事が休めず、週明けの手術を希望したら、

「多分、金曜の夜くらいからまた激痛が伴うと思うから、そしたら痛み止めでしのいで。で、週明けに切るから。」

もちろん、その時は処置後で全然痛くなかったし、

先生ってば、適当なこと言っちゃって!

ぐらいの気持ちで痛み止めを受け取ったんだけど、

先生の言う通り、昨日の夜からものすごい激痛を伴ってきて、

お医者さんってすげえええええええ。って感心しながら悶えてます。







ご清聴ありがとうございます。

がんばれ!の応援はこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






ちくしょう、いてえ・・・





\リアルタイムで更新情報が届きます/