新刊発売中です。

美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 

価格/1,300+税 →こんな本です①。こんな本です②。



IMG_6488-1
ワイルドブルーベリーのパイ。










まぁ、自分で書いといてナンですが、

ブルーベリーって春色かな。ってちょっと思ってます。

どうも、桜満開の新潟です。



晩ご飯を更新しようかと思ってたんですが、

お粥2DAYSはキツいかな。と思い、今日は春色を押し出してみました。

久々のお菓子だぜー!
IMG_6524-2
ブルーベリーのブーシェ型パイ↑↑↑と、

ブルーベリーのコルネ↓↓↓
IMG_6058-1
あ、これ、絶対面倒くさいヤツ。

無理無理無理!って帰るのはちょっと待って。



使うものは。

冷凍パイシート (パイにはこのサイズ。コルネにはこのサイズを使用)



つまるところ、

パイは焼くだけ、のしません。
IMG_5909-1-1
コルネはこんな感じで巻き巻きしながら焼くんですけど、

これがちょっと面白くて、

スルッと外れるコルネ型とか、ものすげえ快感。
IMG_6030-1
溢れんばかりに詰めたブルーベリーのクリームは、甘さと酸味が見事にコラボ。

サックサクのパイとの相性も良く、

ひとつと言わず、ふたつ、みっつ、よっつ・・・と、つまめてしまう諸刃の剣。
IMG_5953-1
詳しいレシピはこちらからご覧いただけます→ワイルドブルーベリーのコルネ





一方、可愛らしいブーシェ型のパイは、生地を貼り合わせて焼くんですけど、

ちょっと画像の編集が面倒なんで代表の一枚だけ貼るという私らしさで。
IMG_6477-1
まぁ、ぶっちゃけパイを貼り合わせるのは簡単だけど、

画像を貼り合わせるはちょっと面倒くさくて、

貼り合わせたパイから登場するのは、たっぷりドライブルーベリーのアーモンドクリーム。
IMG_6604-1
パイにアーモンドクリームはテッパンの組み合わせだし、

絶対美味しくないワケがないというか、事実、超美味しいんですけど、

美味しい上には、さらなる美味しさをロックオン。
IMG_6595-1-1
ブルーベリーのコンフィチュールがけ。

ブルーベリーにブルーベリーをかけたブルーベリーの贅沢使い!
IMG_6565-1
詳しいレシピはこちらからご覧いただけます→ワイルドブルーベリーのパイ





そして、今回。

ブルーベリーはブルーベリーでも「ワイルドブルーベリー」という、

北米でのみ採れる希少種を使ってるんですが、

これがすごい。

びっくりするほど味が濃い!
ブルーベリー1-1
この画像は、左がワイルドブルーベリーで、右が栽培種と呼ばれる一般的に出回っている種。



見比べてみると、栽培種の半分以下という、小さな小さな粒なんですが、

この小さな粒からは想像できないほどに味が濃く、香りが高い。
ブルーベリー2-1
そしてそれは、加熱しても変わることなく、

美味しさはそのままに、甘味も酸味もそのまま。



発色もよく、色味も美しく、

お菓子にはもちろんのこと、スムージーにしてもうまい!
ブルーベリー4-1
っていう、ワイルドブルーベリーが。


今ならなんと15%OFF!

パティスリーやベーカリー限定だけど、冷凍500g&ドライ500g入りのサンプルも貰えるそうです。







以上、現場よりワイルドブルーベリーのコルネ&パイをお伝えしました。
IMG_6557-1
ブルーベリー、うまし。








ご清聴ありがとうございます。

読んだよー。のしるしにこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






お菓子の画像は見るだけで心が和みますわ。








\リアルタイムで更新情報が届きます/