新刊発売中です。

美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 

価格/1,300+税 →こんな本です①。こんな本です②。






さてさて、程よい言い訳もできたところで話を戻して、

@2日目はクローゼットの分別から。
IMG_5613-1
クローゼットの中身をごっつぉぉぉぉぉり出して、

今井さんを巻き込んでの安否確認&分別の術。



常に使うものを詰め込んだ風の1Fクローゼットは、

入ってるものが把握できている風で、

やっぱり把握なんかできてなくで。



あたし「わー!この封筒、前の会社の退職願いに使ったヤツー!」
IMG_5616-1
かの、ブラック会社を辞める時、退職願いに会社規定はあるかどうかの旨を確認したら、

特に規定はなく、なんでもいい。というから、

縦書きの白便箋&長形3号の白封筒で出したところ、

紙の質が悪いだの、封筒の質が違うだの、筆じゃないと受け付けられないだの、

頭が悪いだのと散々難癖をつけられ、返却されること1ケ月。

しびれを切らし、偉い人の部屋に忍び込んで社内規定を確認したところ、

紙はなんでもいいけど、封筒は白の長形4号(材質に指定なし/ペンでよい/頭が悪くてもよい)という表記を見つけ、

FAX用紙に書きなぐり、速攻で買い求めた長形4号白封筒(もちろん社内規定のコピーも添えて提出)。

そもそも、1分たりとも昼休みがなく、1日8時間フルに走らされ、すでに限界を越えている人間を、

材質だの頭だのの理由で引き留められると思うんじゃないよ。という、涙の勲章長形4号白封筒。



あたし「勲章封筒、こんなところにあったのか~。懐かし~・・・。」



と、久々の再会に涙する間もなく、

次々発掘されてしまう懐かしの面々。
IMG_5611-1
使用期限2007年、よもや劇薬。

からの~、

黒 歴 史!
IMG_5617-1
あたし「いや、これはねーわ。これはない。これは恥ずい。」



見つけたらまず、抹殺したいものNo1、あたしの黒歴史帳、もとい、3行日記帳。

キティちゃんとかキキララのは比較的新しく、まだ許せる範囲だけど、

手帳に挟まってたのは、なんとびっくり2000年。



あたし「・・・見られたら軽く死ねる。」



ペラペラ・・・チラっ



あたし「だいぶ死ねる・・・!」



と、あたしが懐かしトラップにかかっている間、

しっかりと前を見据え、

混雑度500%だった配線までつなげてくれる今井さん(美人/働き者/天才/一家に一台)。
IMG_5619-1
爪の垢を煎じて飲みたいってこういうことを言うんだな。と、

今井さんの背中を見て思いました(ー汚部屋大改造企画@2018後日談より)。





こうしてあたしは、巧妙なトラップに騙されつつ、

使うものと捨てるものを分別し、捨てるものはゴミ袋へ。

使うものは収納ボックスに入れ、どんどん仮置き。
IMG_5623-1
白さが光るスタイリッシュな収納ボックスも、もちろん今井さんセレクト。

ニトリの「リスト」というシリーズらしい。

お値段以上、白さがキラリ。



キラリ、キラリ、トラップ、トラップを繰り返し、

今井さんの多忙さが頂点を極めた昼12時。
IMG_4121-1
宮P「弁当買ってきましたー!」



弁当、いや、ライブドア登場である。



どうぞどうぞ、汚いけれど、知ってると思うけれど、おあがりください。

と、ライブドア陣、もとい、宮Pと愉快な仲間たちを招き入れたところ、

宮Pが発した言葉は。



宮P「なんすか、この家中に配置されたキングダムは。」
IMG_4030-1-1
確かにそのとおりだけれど、さすが目の付け所がシャープである。



宮P「ちなみに、これで進度どのくらいですか?」
IMG_4123-1
今井さん「60%くらいかなー。」

あたし「90%くらいかなー。」



二人の人間性が垣間見える意見の相違だった。



ちなみに、この時点で今井さんは、

我が家のめちゃくちゃ混戦中のケーブルを整理してつなぎなおすという最難関をクリアしていた。
IMG_5626-1
IMG_5625-1
あたし「え、もうこれ完璧ですやん・・・!」



今井さんの力によりすっきり整理整頓されたケーブル達。

衝撃のbefore画像がこれである。
IMG_2556


これである。
IMG_2555
ゴミ溜めか。





と、あたしのダメさを存分に味わってもらったところで、

お楽しみの弁当タイムである。
IMG_5628-1
あたし「べんとーーーーー!」



元々、新潟に着いてから弁当を調達する予定だった宮Pと愉快な仲間たち。

デパチカで買っていきますよー!との連絡をもらっていたのだけれど、

ど田舎新潟のデパチカは、伊勢丹or三越の二択であり、

巧妙な車社会を誇る新潟は、駅から伊勢丹まで徒歩10~15分。

三越に至っては、徒歩20~30分(それも強風の吹き荒れる橋越え付)コースである。



気持ちは嬉しいけれど、多分、東京駅で買ったほうがいいと思う。

というあたしの意見を尊重し、

本当に東京駅でお弁当を調達してくれた宮Pと愉快な仲間たち。
IMG_5630-1
さすが天下の東京駅。

弁当ですら温め機能付きである(黄色い紐を引くと石灰で弁当が温まるハイテクさよ)。



愛してやまない仙台利久の牛タン弁当。
IMG_5633-1
あたし「肉っ♡肉っ♡肉っ♡♡♡」



あたしは脇目もふらず、一心不乱に弁当を頬張った。

掃除とはエネルギーとの戦いである。
IMG_5634-1
「掃除」と文字にしてしまえばたった2文字のことだけれど、

半端なく動き、フル回転に頭を使い、膨大なエネルギーを消費する。

びっくりするほど腹が減る。

ちなみにあたしは、いつもより動くことも踏まえ、

朝食には丼ご飯を2杯ほど食し、

もちろん食後のデザートにはケーキを少々いただいてから戦いに挑んでいるというのに、

10時すぎにはすべてが消化され、腹がぐうぐう悲鳴をあげる始末だった。



エネルギーの消費が尋常ではない掃除。

実際、あたしはこの2日で1キロ痩せた。
IMG_5640-1
これは食後にいただいたケーキ。

結構なカロリーを頂戴してもなお、3時にはすべてが消化されたあたり、

掃除のエネルギーってマジパネェ。

来年は掃除ダイエットが流行ると思う。





そんな、楽しい楽しい食事の時間を終え、

ついにあたし達は最終決戦へと入る。
IMG_4125-1-1
残り2時間。

最後の戦いの火蓋が切られた。



あたし「じゃ、こっちがテプラで、こっちが掃除機ですから!」



あたしは水を得た魚のようにライブドア陣を使った。



仲間1はテプラを預けられ、ひたすらラベリング。←いい人。

仲間2はあたしの手足となり、右から左の掃除機係。←いい人。

そして宮Pは「ファンタスティック!」を連発するファンタスティック長に就任した。←いい人。うん。



あたし達は一丸となってかかった。
IMG_4126-1-1
今井さん(美人/働き者/天才/一家に一台/あたしは今井さんが欲しい)は、

この家に越してきて9年、一度も可動したことがない可動棚を可動させてくれた。
IMG_6409-1
可動棚「本望です・・・!」



皆の力を結集し、

皆の熱気に包まれる中、

どんどん片づけられる小物たち。
IMG_5643-1


すっかり運ばれた中身達。
IMG_5627-1


パズルのようにはまっていくピースたち。
IMG_5642-1


ついに顔を現した畳たち。
IMG_5644-1
ぶっちゃけ、畳と対峙するのは何か月ぶりのことか。 

A:1年ぶり。





そして迎えた運命の時・・・!
IMG_4130-1-1
立った、

立った!



馬が立ったアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!
IMG_4132-1
/シャキーン\



実は最初からこの馬もいたんだけど、ちょっと他の影が濃すぎて目立たなかったんだ。

だって、これだから☆
IMG_4049-1-1
【注目!】よく見ると、画像の中央よりちょっと右寄りに馬。



では、無事に馬が立ちましたので、

明日は、before画像と比べながらのafter画像、

他、今井さんのセンスが光る細かなポイントなどを見ていこうと思います。






ご清聴ありがとうございます。

続きが気になる方はこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






細かなところも小粋な今回の収納術、こうご期待。






\リアルタイムで更新情報が届きます/