新刊発売中です。

美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 

価格/1,300+税 →こんな本です①。こんな本です②。



IMG_9233-2
生チョコサンドクッキー










さて。

明けたことを確認したばかりだというのに、

すでに1月も中盤となりまして、

街は相変わらずの白一色。

しかし、

スーパーにはピンクのハートが所せましと並び、

年に一度のアイツがやってきます。



そう。
IMG_9355-1
マイバースデー!  



毎年のことながら、世界中をあげて祝ってもらえるとか、恐悦至極。

かの、イエスキリストと同等の扱いとか、拍手喝采。

光栄です、恐縮ですと、頭を垂れつつ、笑止千万。

勘違いも甚だしくてすみません。

バレンタインデーです、ハイ。





1年300日くらい昼寝に明け暮れる私ではございますが、

毎年、この時期ばかりは各種さまざまなチョコレート♡乙女講座を開催してまして、

今年は何にしようか迷った末、

こんなものを作ってみました。
IMG_9330-1
生チョコクッキー。



お菓子作りの第一歩として選ばれることの多い「クッキー」ですが、

実はクッキーって全然簡単じゃなくて、

それなりに手間もかかれば、時間もかかるし、

その大半が待ち時間ってのも納得ができないうえ、

食べるにしても、あたしはクッキーよりケーキが好きで、

クッキーを食べる余白があるなら、ケーキで余白を埋めたい。

という理由でクッキーって滅多に作らず、

どんどん腕は鈍るばかり也だったんですが、

友達からリクエストされたしち面倒くさい条件(数日に分けて作れること/包みやすい形状であること/1個でそれなりに見栄えがすること/友達が作っても不味くならないこと/一度で10個以上できること/チョコは黒いチョコを使用すること/子供にも大人にも配れるものであること/型を使わないか他のもので代用できること/注文多すぎじゃね?)にピッタリ合うものがクッキーだったというか、

クッキーしかなかったので、

クッキーの練習をして参上しました。



クッキーです。
IMG_9339-1
ザクザク食感のクッキーに、口どけのよい生チョコをサンドした、

ちょっと本格的な生チョコクッキー。



バレンタインらしいデコレーションも施し、なんとラブリー。
IMG_9344-1
(乙女心の代名詞、ハート)




作り方としては、

クッキーを焼いて、生チョコを挟むだけ。

技術的に難しいことはないんですが、

なにせ相手がクッキーなもんで、

生地をのばす手間が必要不可欠となり、あたしはそれが嫌いです。

でも、このお菓子のいいところは、数日に分けて作れること!



【1日目:クッキー生地を作る】
IMG_8975-1


【2日目:生チョコを作る】
IMG_8963-1


【3日目:成形して焼成する】
IMG_9027-1


【4日目:デコレーションして生チョコを挟む】
IMG_9152-1
と、最大4日に分けて作ることができます。

さらに、クッキー生地は冷凍できるので、生地だけ先に仕込んでおいてもらってもOK。



もちろん、一度に作業してもらっても大丈夫なんですが、

生チョコを固める時間、クッキー生地を冷やす時間等々、ちょくちょく待ち時間があるので、

1日30分くらいずつ、2~3日に分けたほうが作業性が良いかも。です。
IMG_9337-2
クッキー生地はナイフでカットしてるだけなので、型は不要ですが、

生チョコを冷やし固めるのに型を使ってます。

冷やし固めるだけなので、同じ型じゃなくても、四角のもので代用できます。

缶でもいいし、牛乳パックでもOK。



四角なので、ラッピングも自由自在。
IMG_9399-2
ワリとしっかりした形なので、どんなラッピングにも対応できると思いますが、

今回は、英字新聞っぽいペーパーと、クラフト紙でラフに包んでみました。



1個当たりの大きさは、約6cm×4.5cm×2cm程度ですが、

分厚い生チョコをサンドしてるので、ワリとボリューミーなクッキーです。
IMG_9411-2
1個でもそれなりにボリュームがあるので、1個あげれば十分だと思うんですが、

1個じゃ寂しい方は、詰め合わせとかにしてもらってもいいし、2個重ねてもいいと思います。

ハートのデコレーションもチョコだし、重ねたくらいでは潰れませんYO!





詳しい分量や作り方はこちらからご覧いただけます。

生チョコサンドクッキー byるぅ





1点だけ注意点がありまして、

こちらは、てんさい糖を使ったレシピ(分量)になります。

グラニュー糖や上白糖でも代用できるんですが(クッキーのザクザク感はあんまりなくなるけど)、

同分量で作ると、とんでもなく甘いものができますので、

代用する場合は控えめにしてください。
IMG_9239-1
まぁ、あんまり大きな声じゃ言えないんですけど、

グラニュー糖で作るなら90~100gがちょうどいいと思うな(コッソリ)。





【使用資材】
バター ←17日16時まで590円
てんさい糖 ←今なら398円
薄力粉ドルチェ
アーモンドパウダー
ココアパウダー
製菓用スイートチョコ(ビター) ←チョコレートSALE中
生クリーム
水飴
コーティング用ホワイトチョコレート ←デコペンで代用しても
チョコレート用色素




ちょうどcottaさんでチョコレートのSALE中なんですが、

実際板チョコより安いので、買うなら超お得な時期です。



一番安いのは、大東カカオチョコ ハイミルク(300g370円)なんですが、

個人的にはベルギー産チョコレート カカオ58(200g387円)がおすすめ。

すっごく扱いやすいチョコで、

さんざんチョコレートをMOROMOROにしてきたあたしでも上手く付き合っていけてるし、

カカオバターの含有分が低いので、どんなお菓子にも合わせることができる。

たいていのものはこのチョコレートだけでどうにかなるうえ、

そのまま食べてもウマい。

超ウマい!



個人的にはヴァローナよりベルギー産チョコレートのほうが好きです、ええ。

クセがなくて、一番「チョコ」って感じの食べ慣れた味がして、

いつもこのシリーズを愛用してる。



まぁ、何を作るかによって選ぶチョコレートも異なると思うんですが、

もし、チョコレート選びに迷ったら、参考にしてみてください。





Special thanks。
IMG_9375-1
手出演:株式会社さぶろー山








ご清聴ありがとうございます。

生チョコクッキー、食べたくなったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






体は人より太目だけど、手は人より細目。

だけれども、手足の短さは他に類を見ない新人類。

それが、さぶろー山。






\リアルタイムで更新情報が届きます/