070-1
ぶりの竜田揚げ 甘辛酢胡麻がらめ・キャロットラペ・冬菜の白和え・白菜とじゃがいもの味噌汁










あたしが、自分の言ったことに責任が持てないのは、

今始まった話ではないのだけれど、

「今日の夜はチャーシュー丼決定」

とか言っておきながら、

それにすら責任が持てなかった昨日。
080-1
ぶり。 揚げました。





うん。

本当に何を思っていたのか、あたしは。



我ながら疑問の多い行動だったけれど、

気付いたら、ぶりを手にしてて、

気付いたら、ぶりを切ってて、

気付いたら、ぶりを揚げてた。

そんな感じです。







まー、今、3月だしね。(←おクソ忙しい決算月)

ちょっとおかしな行動もさ、でてくる頃だよね。
090-1
/ぶりの竜田揚げ\





最近、はじめまして。の方が多いようなので、

軽くご説明させていただきますと、

我が家の晩ごはんは、圧倒的に肉献立が多く、

お魚はめったに登場しません。



その理由の大部分は、

「一番娘がお魚嫌いだから」

なんですが、

「お肉のほうがお手軽価格」

「お肉のほうがお料理しやすい」

ってのはもちろん、

「旦那がアホみたいに魚を釣ってくる時期があり、その時期に一年分の魚をさばく食べるから」

というもの理由のひとつとなっております。



ただ。

ここでひとつ、ぶっちゃけた話をするとしたら。

あたし。











お魚、好きじゃない。





うん、嫌いじゃないよ。嫌いじゃないけど、そんなに好きではない。








そんなに好きではない理由↓

一度、お魚を食べたら骨がささり、あまりの苦しさに涙していたら、

同行者に「ご飯を飲むといい。」と言われ、

おとなしくご飯を飲んだところ、まったく骨がとれず、

「それなら餅を飲め。」と言われ、

藁をもつかむ思いで餅を飲んだところ、

そのまま病院送りになりました。

以来、餅も魚も苦手になりました。



(あたし、二十歳の頃でした)

(お魚はイワナでした)

(餅の危険度は身を持って知りました)

(本当に危険ですので、決して真似されませんよう、お願い申し上げます)

(かしこ)






じゃ、

そんなお魚嫌いでも食べれる竜田揚げの作り方。です。






レシピお魚嫌いでも食べれる♡ぶりの竜田揚げ @レシピ


【材料】4人分
ぶり(お刺身)・・・・・350~400g
◎醤油・・・・・大さじ1
◎酒・・・・・大さじ2
◎みりん・・・・・大さじ2
◎すりおろしにんにく・・・・・2片分
◎すりおろし生姜・・・・・1片分
片栗粉・・・・・大さじ3~
サラダ油・・・・・適量
●醤油・・・・・大さじ1.5
●酢・・・・・大さじ2
●砂糖・・・・・大さじ1.5
ごま油・・・・・少々
炒り胡麻・・・・・少々


【作り方】
1:ぶりは食べやすい大きさに切り、全体に塩ひとつまみ(分量外)をふり、15分ほど置く。
059-1
ぶり好きさんには、少し大き目なカットが美味しいようだけれど、
お魚嫌いな子は、薄いほうが食べやすいようなので、そぎ切りなどのカットがおすすめ。


2:待っている間に◎印を混ぜ合わせておく。
061-1
これ、漬けダレです。


3:15分くらいすると、塩がとけ、ぶりから水分がでてくるので、キッチンペーパーで拭き取る。
062-1
でてきた水分は、臭みの元。これを拭き取るだけでも、出来上がりが全然違います。


4:2の漬けダレに1時間~漬ける。
063-1
この漬けダレは、ぶりの臭みが移ってしまうので、


5:ポリ袋に片栗粉と水気を切った4を入れ、袋の口を押えてふる。
065-1
漬けダレにはぶりの臭みが移っているので、ぶりの水気は必ずきってください。


6:170℃の油で揚げる。
066-1
竜田揚げに限らず、揚げ物はなんでもたっぷりの油で揚げたものが美味しいけれど、
ぶりを揚げた油は、匂いが移るし、濾しても使えないので、油がもったいない方は揚げ焼きでもいいと思う。


少ない油で美味しく揚げたい方は、口径の小さい鍋で揚げるのもひとつの手。
揚げるのに時間がかかりますが、たっぷりの油で揚げた揚げ物は、冷めてもサクサク。
フライパンなんかで揚げるより断然美味しいです。
068-1
揚げたらしっかりと油を切って。


7:●印をフライパンに入れ、軽く煮詰め、ごま油を少々たらす。
067-1
今回、臭みを消すために酸味強めの配合です。お好みで増減してください。


8:油を切った竜田揚げを入れ、からめる。
069-1
最後に炒り胡麻をパラパラ~っと。



ぶりの竜田揚げできあがり♡
079-1
大事なのは、



1:お刺身を使うこと(←お魚嫌いにとって最大の敵、「骨」がない)

2:塩をふって臭みを拭き取ること(←塩でも臭み取りになりますが、牛乳に漬けても臭みがとれます)

3:下味はしっかりつけること(←香味野菜で魚の臭みを消して)

4:下味に使った調味料はかけダレにしないこと(←漬けダレにはぶりの臭みが移ってるので使いません)

5:甘辛酢ダレは酸味強めで(←酸味が生臭さを消してくれるんで)



以上、5点です。







ちなみに、うちで使ったお刺身は、こんなん↓
056-1
鮮度の良いお刺身のほうが臭みも少ないんですが、

こんなんでも、切り身より断然臭みが少ないです。






生臭さが苦手なら、血合いの部分(色の濃い身部分)を切ってあげれば、さらにばっちり。

もー、全然臭くない。
084-1
ひな「臭くない・・・!」






ほーら、食べれる、食べれる。

魚嫌いで有名な一番娘でも食べれる。
092-1
ひな「ちょっと上品なお肉の唐揚げみたいだねっ!」





ぶりは身がしっかりしてるからね。

ちゃんと臭みさえとってあげれば、お肉感覚で食べられる。





ひな「こうしてくれればひなでも食べれるのに。なんでもっと早く作ってくれなかったの?」





大人にはいろんな事情があるんだよ。

と、説明しておきました。










そして、よく聞かれる揚げ物バットは栗原はるみさんの。

うちはこれの前型(取っ手がないタイプ)を使ってるんですが、

陶器製で油汚れもさっと落ちるし、

お皿自体も耐熱製でグラタンやラザニアなんかも焼けるので、

すごい重宝してます。

もう10年以上使ってる愛用品。










そんな、臭みゼロ♡な、ぶりの竜田揚げには、キャロットラペを添えて。
088-1
最近、我が家の食卓にちょいちょいでてくるキャロットラペ。



もともと、さして人参好きなタイプではなかったんですが、

NIQで食べたラペが美味しすぎて、人参の好き度が急上昇。

8ケ月経った今でも好き。

毎日食べたいくらい好き。








そして、超絶美味くできた白和え。
085-1
冬菜、きくらげ、人参、乾燥しらたき(←どハマリ中)入り。









チャーシュー丼のつもりが、

うっかりブリを揚げてしまったけど、

美味しくいただけた昨日の晩ごはん。
076-1
今日こそチャーシュー丼決定。




 





ご清聴ありがとうございます。

読んだよー。のしるしに応援クリック1、2、3!

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

応援ありがとうございます。ぺこりぺこり。






食べ物の好きと嫌いは紙一重。










\リアルタイムで更新情報が届きます/