新刊発売中です。

美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 

価格/1,300+税 →こんな本です①。こんな本です②。



IMG_3935-1
お鍋、はじめました♡



ま、昨日は全国的にあったかくて、

新潟ですら、ポカポカ陽気と青空に恵まれてたんですけどね。

もともと、火曜日は「お鍋」って決めてたので、

そのまま決行してみました。



なぜなら。
IMG_3933-1
さぶろー山が休日だから。

(アイツを連れて買い物に行くと、あれ買ってこれ買ってがすごすぎて、よくスーパーで見かける「お菓子が買ってもらえなくて泣きながらスーパーで転がる子供」がかわいく見える。泣いても諦めるだけ子供のほうが偉い)

(よって、月曜日、いや、なんなら日曜日中に火曜日の献立は決めておかねばならず、買い物も済ませておかねばならず、決めた献立は前もって報告のうえ、何があっても変更不可)

(だって、変更するとすっごい面倒くさいことになるもん)







ま、やぎ子よりかに子より手がかかるのがうちの坊ちゃんっつー噂もあるんですけど、

多分それは正解で、

坊ちゃんに手がかかる分、鍋は楽に作りたいんで、

味付けにはコレを使います!
IMG_3915-1
/ラーメンスープ\

ラーメンを買うと絶対ついてくるけど、

いつも余って冷蔵庫に1袋や2袋くらい眠ってるアレ。

今回は醤油味のものを使うけど、塩とか味噌とか豚骨とかなんでもOK。

元々が美味しいので、何を使っても美味しいのがコイツの偉いところ。








じゃ、ざっくりとレシピなど。



1:鍋に水1.2Lとラーメンスープ3袋を入れて中火にかけ、

ふつふつっとしたらベースのスープできあがり。
IMG_3918-1
目安としての量を書いておいたけど、このとおりじゃなくてもOKだし、わざわざ計らなくてもOK。

「スープが飲めるくらいの濃さ」か、「少し濃いめ」ぐらいを心がければそれでOK。



2:ぐらぐらと沸騰してる中に肉団子のタネをぽんぽん放り込んで、肉団子できあがり。
IMG_3919-1
肉団子のタネは、豚挽き肉400gにすりおろした生姜を1片分、酒と醤油と塩と味噌をちょろっと、

片栗粉大さじ山盛り2杯分くらいを入れて手でこね、

みじん切りにした玉ねぎ1/2個分を入れてさらにこねたものを使ってますが、

この配合が美味しいってより、冷蔵庫にこれしかなかったという配合なので、

別にこの配合じゃなくても大丈夫です。

卵とか豆腐とか入れたほうがふわふわして絶対ウマイ。



3:肉団子がぷかぷかと浮いてきたら、野菜陣を投入。
IMG_3921-1
今日もメンバーは、白菜1/4玉、もやし1袋、ピーラーで切った人参、軽く水で戻した春雨。

ニラとかビーフンとか何でもウマイので、お好みのものでどうぞ。



4:程よく野菜が煮えてきたら、ここで登場するのが。
IMG_3922-1
ワンターン! ならぬ、切れ端。



これ、喜多方ラーメンと一緒に伯母さんが買っておいてくれたワンタンなんだけど、

実は、ワンタンじゃなく、製麺屋さんででるラーメンの切れ端。

ワンタンみたいに茹でて食べると美味しいって言ってたので、

お鍋に入れてみようと思って。

ワンタン係は、お手伝い大好きなやぎ子にお願いしまーす!
IMG_3926-1
やぎ子「ばあや、この大きい皮はどうやって入れるの?」



あたし「大きいのは適当な大きさに切って、小さいのはそのまま入れようか。で、重なるとくっついちゃうから、できるだけ重ならないように散らして入れてね。」



やぎ子「大きいのは適当に切って、小さいのはそのままで・・・重ならないように、重ならないように・・・」



と、あたしの教えを守り、むちゃくちゃ几帳面にちぎって、

100%重ならないように、ひとつひとつ大切に入れるやぎ子(超几帳面AB型)↓↓↓
IMG_3928-1
はるか「なにそれ、面白そう!あたしもやりたーい!」



と、はるか様も参戦してお手伝いをしてくれたのだけれど。
IMG_3929-1
ちぎれと言ってもちぎらず、重ねるなと言っても重ね、はみでても気にしない大胆なB型↑↑↑





お二方のお手伝いを経て。
IMG_3937-1
ワンタン肉団子鍋できあがり~!





さぶろー山くんが春雨を取りすぎてるとか、はるかちゃんが俺の肉団子を盗ったとか、

さぶろー山くんの髪の毛が最近薄すぎてもうじきレフ板になれるんじゃないかとか、

ひどいよ、うわあああああああん!とか、

みんなでワイワイしながら器によそって。
IMG_3943-1
やぎ子「お鍋オイシー!」



肉団子からでる旨味をいい具合にキャッチして太く大きく変身した春雨に、

くったくた~の、しなっしな~に煮えた白菜、

ほどよく旨味と食感をまとったもやしのミラクルコンボ!



そこに、さらなる華を添えるのが、この切れ端陣。
IMG_3944-1
ペラっペラの食感と口当たりが面白くて、

ツルツルした舌触りもイイ!

舌触り的にはひもかわうどんのラーメン版って感じなんだけど、

もっともちもちっとしてて、食べ応え抜群。



さぶろー山「これはウマイ・・・!」



やぎ子「切れ端、もっと食べたーい!」



じゃ、切れ端追加。
IMG_3945-1
ちぎっては入れ、ちぎっては入れた切れ端陣。



ついでに、お代わり用お野菜もたっぷり用意してあるので、
IMG_3936-1
これも全部まとめて入れちまえ。



煮える間の口寂しさは、梨とシャインマスカットが解決。
IMG_3941-1
あたし「あたしさ、シャインマスカット食べたの、昨日が初めてだったんだけど、

渋みもなく、むちゃくちゃ味が濃くて、こんなに美味しいものがあるのか・・・!

ってくらい感動でね、毎日1粒ずつ大切に食べてんの。その時間がすっごい楽しみなんだけど、

なくなったらどうしようっていう恐怖もあるんだよね。」



さぶろー山「お前、バカだな。そんな恐怖におびえるくらいだったら、ここで一言叫んでみろ。

”はるかちゃん、シャインマスカット買って!”って。」



あたし「はるかちゃん、シャインマスカット買って!」



はるか「ほらほら、第二弾できたよー!」
IMG_3947-1
シャインマスカットの件は軽くスルーされて、

ワンタン肉団子鍋は、ラー油を回しかけていただいてみる。



一応、薬味的なものも完備してあるので、

各自好きなものを好きなタイミングで好きなだけかけて楽しむスタイル。
IMG_3939-1
柚子胡椒・ラー油、刻みネギ。

あたしはラー油が好きだけど、みんなは柚子胡椒をかけて食べてた。

絶対ラー油のほうが美味しいと思うんだけど。



たっぷりワンタン&肉団子鍋を楽しんだら、お次は〆セットの出番です。
IMG_3938-1
/お楽しみの〆ラーメン\





じゃ、こちらもざっくりとレシピを。

1:まずは鍋の中を綺麗によそって、鍋をスープだけの状態に。
IMG_3948-1
白菜とか人参、肉団子なら残っててもいいんだけど、

春雨とかワンタンの皮は、煮るば煮るほどぐずぐずになって、ごった煮みたいになっちゃうので、

〆にラーメンを入れるときは、食べきるか、寄せたほうがいいと思う。



2:沸騰したスープの中に、取っておいた肉団子ともやしを入れて沸騰させつつ、

ラーメンは別の鍋で軽く湯がいて。
IMG_3949-1
野菜や肉団子はあってもなくても大丈夫なので、あれば入れて、なければ汁だけでOK。



3:湯がいたラーメンをどーん!
IMG_3951-1
味をみて、薄ければ醤油や中華スープ、塩なんかを足し、

濃ければ水で薄めつつ、

好みの固さになるまでラーメンを煮込めば。



〆の肉団子ラーメンできあがり。
IMG_3953-1
かに子「ンマーーーーー!!!」





この〆ラーメンが予想以上にウケて、

みんながもりっもりと食べてくれたので、

もう一度ラーメンを湯がいて、

酢とラー油を入れて、大人の〆ラーメン、「〆酸辣湯麺」。
IMG_3956-1
ワリと冷蔵庫に眠ってることの多いラーメンスープ。

鍋のスープにしちゃえば、冷蔵庫の整理もできるし、味付けも楽ちんで、超美味しくて、一石三鳥。

塩味が一番融通が利いて、どんなシチュエーションにも対応できるけど、

醤油や味噌も同じように使えるし、

いろんなバージョンがあるので貼っておくね。



【塩ラーメンスープ】


春雨肉団子鍋

ワンタン鍋

水餃子スープ

海老団子の中華粥

塩ちゃんこ鍋からの〆は塩レタスラーメン



【醤油ラーメンスープ】

水餃子鍋からの〆は広東麺

水餃子鍋からの〆は酸辣湯麺

ちゃんこ鍋からの〆は広東麺



【味噌ラーメンスープ】

湯豆腐からの〆は豚骨味噌ラーメン

豆乳鍋からの〆はカルボナーラ風うどん



【豚骨ラーメンスープ】

豚骨ラーメン鍋からの〆は雑炊



【カレーラーメンスープ】

カレー鍋からの〆はカレーラーメン







ご清聴ありがとうございます。

ラーメンスープ、いいじゃん!と思ったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






ラーメンスープは使える。









\リアルタイムで更新情報が届きます/