新刊、予約受付中!

美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 
発売日/9月29日(発明家の日)価格/1,300+税 →こんな本です。


楽天さんでも予約がはじまりました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美味しいには理由がある!うちごはんのゆる基本 [ るぅ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/9/2時点)

表紙がまだ入ってないんですが、予約受付中です。







夏休みが終わって、新学期が始まったというのに、未だ盆旅行記を綴ってます。

我が家のどーでもいい話にお付き合いいただき、ありがとうございます。



その①がまだの方はこちらからどうぞ→盆の旅①江戸の洗礼。

その②がまだの方はこちらからどうぞ→盆の旅②ひなちゃんがケチになりました。

その③がまだの方はこちらからどうぞ→盆の旅③亭主元気で大仏がいい。

その④がまだの方はこちらからどうぞ→盆の旅④昭和と平成。

その⑤がまだの方はこちらからどうぞ→盆の旅⑤気の利くシーパラ商法。

その⑥がまだの方はこちらからどうぞ→盆の旅⑥小さな池で熾烈な争い@鯉

その⑦がまだの方はこちらからどうぞ→盆の旅⑦お小遣い制@初日まとめ

その⑧がまだの方はこちらからどうぞ→盆の旅⑧お小遣い制の落とし穴

その⑨がまだの方はこちらからどうぞ→盆の旅⑨俺の上野観光案内所

その⑩がまだの方はこちらからどうぞ→盆の旅⑩あたしの上野動物園案内



スローペースな更新ですが、ゆっくりお付き合いいただければ幸いです。







さて。

大都会のど真ん中にある上野動物園ですが、

14.3ha(約42,900坪!)と、広大な広さをお持ちの動物園ですので、

移動は、もっぱらコレに頼りっきり↓↓↓
IMG_0513-1
上野動物園モノレール!



東園と西園を結ぶ、小さな小さなモノレールだけれど、

実は、「東京都懸垂電車」という、たいそうな名称があり、

日本で2番目に短い路線。(ちなみに最短は京都の鞍馬山鋼索鉄道)
IMG_0514-1
1人150円で乗れるこのモノレールは、

1957年に運行が開始され、現在の車体が4代目。

年間83万人もの人が利用し、こう見えても、1億円以上を稼ぎ出す超優良企業。



そしてこのモノレール、

何気に、日本初のモノレール!
IMG_0516-1
全部Wikipedeiaです。ハイ。





さぶろー山「俺、オオサンショウウオが見たい~!」
IMG_0528-1
ということで、やってきましたオオサンショウウオの家。





さぶろー山「オオサンショウウオ、いるかなー。俺、超大好きなんだよなー。

おーい、オオサンショウウオー。こっち向いてごらーん。」
IMG_0529-1
と、優しい言葉をかけるも、

お昼寝中なのか、微動だにしないオオサンショウウオ。





さぶろー山「おーい、オオサンショウウオー。」





さぶろー山「サンショウウオさーん。」





さぶろー山「サンショウウオー。」





さぶろー山「ウオ子ー。」





さぶろー山「ウオー。」





と、熱い熱い呼びかけを行うも、微動だにしないオオサンショウウオ。





さぶろー山「俺のウオ子ーーーーー!」





と、叫んだ瞬間、

いきなり機敏な動きを見せたかと思いきや、

さっと岩の下に潜り込むオオサンショウウオ。
IMG_0533-1
さぶろー山「これ・・・俺の好きなサンショウウオじゃない!」





じゃあ、お前の好きなサンショウウオってどれだよ。

と聞けば、





さぶろー山「前回の来園時に会ったサンショウウオ!アイツはもっと愛嬌があって、色鮮やかで、

艶っとしてて、かわいかった・・・!」
るぅのおいしいうちごはん
前回の来園時に会った俺の好きなオオサンショウウオ↑↑↑



この時は、「記憶違いじゃないの?」と軽くあしらったけど、

並べてみてみると、確かに色が違うような、カメラの違いのような、

どちらともとれるようなささやかな違いはあるけれど、どうでもいい。





さぶろー山「俺、いつか鴨川のサンショウウオを見るのが夢でさ、

毎日動画チェックしてんだよな。」





と、なぜか頬を染めて語った自分の旦那が、実は変態じゃないかと思う。
IMG_0529-1
頬を染めるほどかわいい・・・か?





と、

お目当てのオオサンショウウオとはイマイチ相容れなかったようですが、

せっかく来たし、爬虫類でも見ていこうか。

(ここから5枚ほど爬虫類の写真が入りますので、苦手な方はシャーっと早送りしてください。

【爬虫類開始】の文字ではじまり【爬虫類終了】の文字で終わりますので、早送りの目安にどぞ。)
IMG_0539-1
【爬虫類開始】















ぐっすりお昼寝中だったワニさん。
IMG_0543-1
ワリと小ぶりなワニさんで、寝顔も愛らしく、

家で飼えそうなくらいかわいかったのだけれど。



手足の爪を見ると。
IMG_0545-1
「あ、ワニなんだな」って思う。





こちらはイグアナだったかな。
IMG_0541-1
画像で見ると、イグアナ。って感じがするけれど、

裸眼で見た時は見事なほどの保護色で、その保護色っぷりに感心した。





水蒸気の下で涼むヘビさん。
IMG_0551-1
前回、上野動物園に来た時、すっごい巨大なアナコンダがいてね、

今回も会えるかなーって期待してたんだけど、

アナコンダくんがいなくて、ちょっと寂しかった。



ワリと苦手な人が多いヘビさんだけど、あたしはワリと平気なタイプ。

ベッドを共にできますか?って言われたらちょっと悩んじゃうけど、ケースで飼う分には全然平気。

なんか、かわいくない?

テロっとしてて。ツヤツヤで。

1回くらいは頭にのせてみたいと思う程度には好き。



ただ、ヘビが大丈夫なのは手足がないからで、

手足の多いものは本当にダメ。

唯一、足が多くても許せるのは、海老とイカとタコと蟹で、あれは美味しいからいいんだけど、

節足動物なんて、どんなに小さくても無理だし、

それも、足が増えれば増えた分だけダメなもんだから、

昔、ひなのお友達がダンゴムシをポッケから出して嬉しそうに見せてくれた時は、

マジで泡ふいた。
IMG_0554-1
保育園児にありがちな、ポッケダンゴムシ。

あれ、ホント凶器だから。















【爬虫類終了】






これは池のほとりにいたアホウドリだったか何だったか。
IMG_0569-1
上野動物園って、フクロウやミミズク、ワシにタカ・・・と、たっくさんの鳥がいるんですけど、

昨日のコンドルしかり、今日のアホウドリしかり、たいして写真もないうえ、種類さえ言えないのは、

あたしが鳥に興味がないからです。





あたし「ペンギンは好きなんだけどねえ。」
IMG_0518-1
飛べないけど、一応鳥の仲間であるペンギンさん。



前日、シーパラでたっぷりペンギンを見てるんだけど、

上野動物園は上野動物園の良さがあってね、

ペンギンが近い。
IMG_0520-1
って分かる写真が撮りたかったんだけど、

妙に距離感を感じる写真が撮れてしまった件については、

そっとしておいてください。



網はありますが、ガラスはありませんので、

ペンギン感を肌で感じていただけると思います。
IMG_0521-1
あたし「今はケープペンギンしかいないけど、昔は皇帝ペンギンもいたんだよねえ・・・」





ひな「ああ、ママ、皇帝ペンギンが大好きだもんね。」





あたし「大好きだよ!だって、超かわいいじゃん!!!」
385-1
この、堂々たる佇まい。



ぽってりとしたフォルムに、全身で涼をとろうとするこの体制。
395-1
なのに、動く気すらないふてぶてしさもイイ。



子ペンギンに至っては、生後2ケ月この貫禄よ。
396-1
あたし「ほんっと、大好きだよ、皇帝ペンギン・・・!」





なのに、日本では和歌山パンダーランドと名古屋(水族館)でしか会えず、

ついでに、繁殖に成功しているのは国内でパンダーランドだけだし、

世界でもたった3園(パンダーランドとアメリカのシーワールドと中国の老虎灘海洋公園極地館)という希少さ!



何度でも言うよ。






あたしはパンダーランドを愛してる。







さぶろー山「お前・・・もう、和歌山に住めよ。」
IMG_0574-1
住んでいいなら、本気で住みたいんですけどね。白浜。

からの、上野動物園プレーリードッグ。



ぽっことりしたお尻に、まぁるいお腹は、

うちの二番娘を彷彿させ、
IMG_0576-1
あたし「嗚呼・・・タマ・・・・・」





2日目にして軽くホームシックです。
IMG_0565-1
あたし「・・・・・新潟に帰りたい・・・・・」





さぶろー山「お前、本当に面倒くせえ人間だな。」
IMG_0567-1
和歌山に行くときはタマだけ連れていこうと思った。






じゃ、ホームシックにもなったし、雲も暗くなってきたので帰ろうか。

と、帰路につきつつ、キツネザル。
IMG_0527-1
池の上を軽やかに渡るこの猿は、

実はカナヅチらしい。





こうしてあたし達は、

とぼとぼと出口を目指して歩きはじめたのですが、





あたし「帰りたいけど、パンダは見たい。」





さぶろー山「え、また?!」





あたし「だって、1回しか見てないし!10秒しか会ってないし!

なのにここでバイバイしたら、数か月は絶対に会えないもん!!!」





と、いうあたしは、

奇跡的にもお盆明けの週末、再び渡江戸する仕事があって、

うっかり一人で上野入りしてんですけどね。

まさかの、一人動物園。

で、見るのはパンダだけっていう、パンダ愛。





さぶろー山「じゃあ、お前ひとりで行けよ。俺はもうここで座って待ってる。」





元々1人で何でもできるタイプなんだけど、1人動物園も覚えてしまった今。

1人でできないことなんてない気がする。
IMG_0589-1
あたし「パンダ様ー♡」



警備員さん「写真を撮り終わったら速やかにお進みください。」
IMG_0591-1
あたし「パンダ様ー♡」



警備員さん「止まらないでください。」
IMG_0595-1
あたし「パンダ様ー♡」



警備員さん「前にお進みください。」
IMG_0597-1
あたし「パンダ様ー♡」



警備員さん「立ち止まらないで前に進んでください。」
IMG_0601-1
あたし「パンダ様アアアアア♡」





と、最後も相変わらずの10秒パンダでしたが、

最後の最後にいいものが見れたのでヨシとする。
IMG_0600-1
パンダの鼻ほじり。







ご清聴ありがとうございます。

上野動物園、行った気分になったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






やっぱり、世界トップクラスの和歌山パンダーランドと比べると少し見劣りしちゃうんですけど、

あたしが初めて来た動物園もここだし、一番多く来ている動物園もここで、

馴染み深く思い出もいっぱいの上野動物園。
IMG_0451-1
今年は食事中のパンダしか見えれなかったけど、来年はここで遊ぶ子パンダが見たい・・・!








\リアルタイムで更新情報が届きます/