新刊、予約開始!


美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 
発売日/9月29日(発明家の日)価格/1,300+税 →こんな本です。






昨日の晩ごはんは、餃子。
IMG_2427-1
かに子の便秘解消スープを作ったところで力尽き、

黙って餃子だけを口に運ぶ、餃子おんりーな食卓と相成りましたが、

せめてもの救いは、かに子がばあや特製便秘解消スープを気に入ってくれて、

もりもり食べてくれたこと。

(超手間暇かけて、めっちゃ材料費かけて、そんで1時間近くかけて作って、ようやくできあがったものを口に入れた瞬間出された時とか、ホント、心折れるから・・・)










で。










5歳になり、言葉のレパートリーが超絶増えたやぎ子は、

自宅では日本語を使うけど、

保育園ではスペイン語と英語を使うらしく、

齢5歳にして3ケ国語を操る魔性の女。

あたし達としゃべる時は、当たり前のように日本語を使ってくれるけど、

一度メキシコに帰れば、当たり前のようにスペイン語と英語を使い分けるスーパー5歳児。



昨日、そんなやぎ子と2人で留守番をしていた時、

いきなりやぎ子がブツブツ言い出した。

最初は「あたしに向かって話してるのかな?」と思って、聞いていたのだけれど、

どうやらそれは、あたしに向かって話しているのではなく、

一人でぶつぶつ言いながら、一人で相槌を打ち、そして手にはペンを持ち、お絵かきを繰り返す、完全なる独り言。

それも、もにゃもにゃにゃごにゃごへんろーばーろーと、

ものすごい高速で息もつかずにしゃべっている言葉は、聞いたこともない言語たち。



不思議に思ったあたしは、

「やぎ子・・・それは、何語なの・・・?」

と、聞いてみると、








やぎ子「英語だよ!」







あたし自身、言葉と言えば日本語一択。

まぁ、日本語すら使いこなせていないっつー噂もあるけれど、この際それは無視してもらって、

とりあえず、外来語は、義務教育でかろうじて習った程度であり、

中学校入学程度の英語力(得意な言葉はHELLO&THANKYOU。以上終了)しか持ちあわせていないので、

もちろん、何をしゃべっているかは分からないのだけれど、さすがの本場仕込み。

日本人がしゃべるナンチャッテ英語とは一味もふた味も違い、

発音も巻き舌もワンダフル。



5歳にしてこんなにしゃべるなんて・・・





天才か。




と、感動したあたしは、はるかが帰るなり、一連の流れを話した。





あたし「やぎ子と留守番してたらさ、いきなりやぎ子が独り言を言い出してね。

それがものすげえ高速で、聞いたこともない言語を、息つく暇もなくしゃべりだして、

最初はコイツ、頭大丈夫なんかな。って思ってたんだけど、

何語なの?って聞いたら、英語だよー。って教えてくれて。

すげえびっくりしたー!5歳にしてあんなにペラッペラとしゃべれるとか、天才じゃない?!」





はるか「おねえちゃん、それね。







やぎ子語。






アイツ、たまに適当なこと言うから気をつけて。」





魔性の女は、天才ではなくただの嘘つきだった。











ご清聴ありがとうございます。

がんばればあや!の応援はこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






ばあや、すっかり騙された。










\リアルタイムで更新情報が届きます/