全国のお嫁様、大変お疲れさまであります。

今年もやってきましたね。








お盆の激務。









きっと、天ぷらを揚げながら汗を流し、

素麺を茹でながらため息をつき、

酒をつぎながら泡を吹き、

お盆様のお帰りを指折り数えて待っている頃かと思われますが、

我が家は先日旅にでておりましたんで、

お嫁様の応援をしながら、先日の旅の様子をUPしていきたいと思います。




お嫁様、ガンバッテ・・・!













8月9日。

1年ぶりの旅にでるべく、早朝から新潟駅に向かった我が家。





あたし「新幹線、これだよー。これに乗ってー!」
IMG_0014-1
MAXとき302号。



二階建て8両編成の車両に分割併合装置を備え、16両編成で走ることもできるMAXとき号。

二階建てに加え、16両編成という莫大な輸送力を持つこの新幹線。

MAX時の定員は、なんとびっくり、1,634名。

高速車両としては世界最大の定員数を誇り、

最もあたしが愛し、この3年間最もあたしを運んでくれた愛すべき車両は、

2020年までに廃止が決定されており、

なんとも寂しく思う。





あたし「2階建ての新幹線、すっごく好きだったんだけどなぁ・・・寂しいなぁ・・・

廃止されるまで、いっぱい乗ってあげよう。いっぱい思い出を作ろう。」





さぶろー山「とか言いつつ、E5系になったら、超はやーい!超快適ー!とか言って喜んでんだろ?」





ホント、それ。

鼻息ふんふんさせて大歓喜する自分が見えるわ。
IMG_0017-1
そんなMAXとき号に乗り込み、早速の朝ごはん。





あたし「ハイ、みんな、おにぎりかじりながらよく聞いてー。旅の詳細と注意事項を発表するよー。」





さぶろー山&ひな「ハーイ!」





あたし「まず、今回はホテルを品川にとったので、着いたら品川に向かって、とりあえず荷物を預けます。」





さぶろー山&ひな「ハーイ!」





あたし「今回の旅のハイライトはシーパラですが、それ以外の予定はフリーです!」





さぶろー山&ひな「ハーイ!」





あたし「みんなの元気度と疲れ方を見ながら予定をたてるので、たとえ望んだ場所に行けなくても、去年みたいに喧嘩しないこと!」





さぶろー山&ひな「ハーイ!」





あたし「そして、今回の旅の食費は、各自自分で清算をすること!」





さぶろー山「なにそれ、聞いてない。」





あたし「ひなももう高校生だし、そろそろお金の使い方を覚えてもらわないといけないので、

今回は各自に食費を配ります。」





ひな「え、面白そう・・・!」





あたし「でしょでしょ?旅行は今日から3日間。食事の回数は7~8回くらいなんだけど、1人15,000円の食費を配るので、各自それでやりくりするの。」





さぶろー山「え、無理、無理、絶対無理。」





あたし「もちろんそれには、コンビニで買うお茶やジュース、アイスやケーキなどのおやつ代も

含まれているので、上手にやりくりして東京&横浜を楽しんでね♡」





ひな「やったー!超楽しそうー!!!」





さぶろー山「ハイ!」





あたし「ハイ、さぶろー山くん、どうぞ。」





さぶろー山「そこにお酒代は含まれてるんですかー?」





あたし「もちろんです。」





さぶろー山「お酒代として別途10,000円支給を希望します!」





あたし「ダメです。」





さぶろー山「参加したくない場合はどうしたらいいんですかー?」





あたし「これは、さぶろー山の食いすぎ飲みすぎデブ防止にもなっているので、反論は許しません。」





さぶろー山「・・・・・鬼イイイイイイイイイ!!!!!」





そろそろ、いろいろと自覚を持ってもらわないといけないからね。

今回の旅は、楽しみながらたくさんのことを学んでください。





と、そんなことを話しつつ、
IMG_0022-1
定例の灰色からの~。


グンマー\(^o^)/
image
も、楽しみまして。





そしてやってきました。
IMG_0030-1
/TOKYO\




あたし「うわー。東京、超久しぶり。」





相変わらずの青空に、相変わらずの人の山。





さぶろー山「ここからどうすんの?どうやって品川行くの?山手線なの?東京なの?右なの?左なの?ここはどこで俺は誰なの・・・?!」





うんうん、分かるよ、分かるよ、その気持ち・・・!

人の多さに圧倒されて、右も左も分からなくなる感覚。

駅の広さに圧倒されて、自分も場所もすべてを見失う感覚。



いつもなら迷える子羊×3になるところですけども!





あたし「大丈夫、大丈夫。品川も横浜も全然問題ないから。どうやっても行けっから。







黙ってあたしについて来な!」







まぁ、カッコいいこと言いましたけどね。

ダテに東京に通ってませんから。

ダテに迷い続けてませんから。

もー、山手線も京浜東北線もなんのその。

メトロも京急線も任せとけ。

スイカひとつでスイッスイ!スイッスイ!!!
IMG_0756-1
スイッスイ~。からの、品川駅。





さぶろー山「結局、山手線乗っただけじゃねーか。」





成長してもあたしの山手線フリークは変わらず、

相変わらず山手線は神だと思っているのだけれど、

山手線にさえ乗っておけば、大抵の場合、どうにかなる。



これは3年の都内通いを経てあたしが学んだこと。
IMG_0032-1
あたし「ハイ、じゃ、着いてきてー。ホテルに荷物置いて、10時すぎにはシーパラするよー!」





と、張りきっていたあたし達は。
IMG_0033-
10時半を過ぎても品川にいた。





あたし「はー・・・」

 



その理由はこうである。
IMG_0753-1
これは、今回予約をとったグランドプリンスさんの地図なのだけれど、

まずはこの図をさらっと頭に入れてほしい。






あたし達3人は、品川駅をでて、最初に見える大きなホテルを目指した。
IMG_0753-1-2
赤い矢印があたし達が歩いた場所。




品川駅から徒歩5分ほどだろうか。

緩やかな坂を上った場所にあるこの白いホテル。
IMG_0028-1
予想以上に豪華だな。と、るんるん気分で入ろうとしたところ、

ベルマンのお兄さんに話しかけられ、

どちらで予約をとりましたか?と聞かれたので、

高輪さんです。と答えた。



しかし、そこはさくらプリンスタワー東京(高級ホテル)であったため、

ベルマンのお兄さんに案内され、さらに坂の上にあるグランドプリンス高輪を目指すことになった。
IMG_0753-1-3
同じ敷地に同じ系列のホテルがあったことは、大きな誤算だったけれど、

同じ敷地なら知れた距離だろう。

と、思って歩きはじめたところ、

それは予想以上に遠く、

予想以上に暑く、

ついでに予想以上に急勾配な坂であったため、
IMG_0029-1
あたし達は、予想以上に体力を消耗し、

しかし、投げ出すこともできないので、ひたすら歩き続けた。



全員の顔が曇り、息もほどよく切れた頃。





あたし「着いたー!」
IMG_0027-1
ようやく辿りついた高輪さんでは、

敷地に入ると同時にベルマンのお姉さんが荷物を持ってくれ、

やっぱ、いいホテルは違うね~。

なんつって、チェックインの手続きを取ろうとしたところ。





フロントのおねーさん「ご予約は新高輪のほうでいただいているようですが・・・」
IMG_0753-1-1
あたし達が目指すべき場所は


新高輪(まったくの方向違い)

であった。







さぶろー山「オイ、どーなってんだコラ・・・」
IMG_0031-1
あたし「いや、まさか同じ系列のホテルが3つもあったなんて・・・」





江戸の空気に触れ、わずか30分。
IMG_0046-1
バテた。








ご清聴ありがとうございます。

そら、バテるわ。と思ったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






この日の関東は本当に暑かった・・・








\リアルタイムで更新情報が届きます/