068-1
アポロ風チョコバー










さてさて。

週末は、例のごとく出張三昧なので、

出張の間は、春色スイーツと、あたし+ストロベリーチョコ=MOROMOROのお話ですよ。っと。
057-2
/アポロ風チョコバー\




個人的には「MOROMOROの話」とか超したいんだけど、

今日は、春色満載なチョコレートバー、

アポロ風チョコバー。







ちなみに「アポロ」ってこれ↓ね。

宇宙船じゃなく、美味しいほうのヤツ。









ほろ苦スイートチョコレートと甘酸っぱいストロベリーチョコの二層仕立てでアポロ風。
052-1
ザクザクグラノーラ入りのチョコバー。





溶かして、混ぜて、冷やすだけなので、超簡単。

あたしはパウンド型を使用しましたが、

牛乳パックやタッパーでもできますので、お好きな型でどうぞ!







レシピアポロ風チョコバー @レシピ


【材料】17.8×8.6cmパウンド型1個分

製菓用ストロベリーチョコレート・・・・・50g
製菓用スイートチョコレート・・・・・50g
フルーツグラノーラ・・・・・50g


【作り方】

1:型にクッキングシートを敷く。
001-1
クッキングシートの敷き方はこちらの下準備②をご参考にどうぞ。
端のペラペラが邪魔なら上部をセロテで固定してください。


2:スイートチョコレートを湯銭にかけ、溶かす。
022-1
チョコレートを湯銭にかける時は必ずボウルより口径の小さい鍋で。
(↑鍋の口径が大きいとチョコレートに湯気が入り、分離の原因になるので)
湯銭のお湯は、熱々の熱湯ではなく、50~60℃くらいのお湯で。
(↑熱々の熱湯での湯銭も分離の原因になるので)
そして、ストロベリーチョコのピンクが見えてるけど、気にしないで。画像、撮り間違った。


3:1の型に流し入れ、型を軽く落として表面を平らにし、冷蔵庫で冷やし固める。
015-1
高い位置から落とすとチョコレートが飛び散りますのでご注意を。


4:ストロベリーチョコレートを湯銭にかけて溶かす。
020-1
ストロベリーチョコレートもスイートチョコレートと同様、50~60℃のお湯で、
口径の小さい鍋を使って溶かしてください。


5:グラノーラを入れ、ゴムベラでざっくりと混ぜる。
024-1
グラノーラはお好みのものをどうぞ。


6:冷やし固まった3のの上に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
017-1
30分から1時間くらい。


7:完全に固まったら、冷蔵庫から出して30分くらい置き、常温に戻してから包丁でカットする。
027-1
軽く温めた包丁を使うと綺麗にカットできます。波刃より牛刀が切りやすいかな。



アポロ風チョコバーできあがり♡
042-1
ザックザク~なグラノーラに、

甘酸っぱいストロベリーチョコ、

そして、ほろ苦ビターなスイートチョコが、

三位一体となって奏でます。





美味しい協奏曲第五番を。
061-2
ジャジャジャ・・・ジャーン!!!!!(←運命風に謳ってください)






溶かして固めるだけのレシピなので、

特に面倒なことはないと思うのですが、

一点だけ注意するとしたら、

冷蔵庫から出したての、冷え冷えキンキンなチョコレートを、

力づくでカットしようなどと思わないこと。



必ず、チョコレートを室温(もしくは、それに近い温度)に戻してから、

温めた包丁でカットを。




間違って、そんな頂に挑んでしまうと。
003-3
ジャジャジャ・・・バリーン!!!!!


って、なりますから。

あの、常温に戻してから切ったほうがいいと思います。よ。うん。











使うチョコレートは、製菓用であれば何でも大丈夫かと思うのですが、

ストロベリーチョコは日新化工 ストロベリーチョコがおすすめ。
043-1
そして、スイートチョコはちょっとビターなものがおすすめ。

(うちはカオカ ラミティエ 55%を使用)




(多分、板チョコでもイケると思うんですが、あたしと板チョコの相性の悪さが天下一品すぎて、

どうやっても相容れない関係にあるので、あたしは製菓用チョコレートを使用してます。かしこ)







でもね、日新化工 ストロベリーチョコは本当に美味しくておすすめ。
067-2
バレンタイン講座の時にも書いたけど、

今までアンチストロベリーチョコ派だったマイファミリーが、

ラブストロベリーチョコ派に鞍替えしちゃったくらい、美味しい。



酸味が強くて、

いちごの味が濃くて、

なにこれ、こんなん食べたことない・・・!

ってくらい、美味しい。







そして、あまりの美味しさにもう1袋買い足そうと思ったら、

欲しかった300g入りが売り切れで、

1kg入りしかなくて、

どうしようかなー。って悩んでた日新化工 ストロベリーチョコ



結局、1kg入りを買ったっつーね。
055-1
そしたら、今月、300g入りが復活してたっつーね。



人生、そんなもんだYO!

(300g入りを狙ってた方、入荷してますよー→日新化工 ストロベリーチョコ) 









そして、ザクザク部分の主役「グラノーラ」。

うちはフルグラを使いましたが、何でも大丈夫ですので、お好みのものをどうぞ。
084-1
グラノーラじゃなく、クッキーやシリアル、ナッツなんかを混ぜても美味しいです。








ラッピングはこんな感じで↓
081-1
チョコバーをワックスペーパーで包んで、サイドをねじり、製菓用シールをペタっと。

サイドを結んでるリボンは麻紐(ホームセンターで50円)の格安ざっくりラッピング。









【使用資材】
日新化工 ストロベリーチョコ ←300g入り入荷してるよ!
カオカ ラミティエ 55%
フルーツグラノーラ
ワックスペーパー
シール
スリムパウンド型


お菓子・パン作りの総合サイトcotta










溶かして混ぜて冷やし固めるだけの簡単チョコバー。
062-2
/ホワイトデーにもおすすめ\ 


 







ご清聴ありがとうございます。

読んだよー。のしるしに応援クリック1、2、3!

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

応援ありがとうございます。ぺこりぺこり。






ホワイトデーは・・・明後日・・・え。もう?









\リアルタイムで更新情報が届きます/