IMG_4933-1
レタスのおひたし。










夏に向けたさっぱり副菜、

レタスのおひたしでございます。
IMG_4954-1
冬は、銀座産かなってくらい高嶺の花なのに、

この時期になると随分と庶民派に転向してくれるレタス。



生で食べても美味しいけど、

火を通すとカサが減って山盛り食べれるし、

とある条件さえ守ってもらえれば作り置きもできるんで、

レタスをお安くGETした暁には是非。

(鍋ひとつでできます)

(作業時間2分です)








レシピレタスのおひたし


【材料】3人分くらい
レタス・・・・・1/2玉(210g)
◎水・・・・・大さじ5
◎酒・・・・・大さじ1
◎みりん・・・・・大さじ1
◎和風出汁の素・・・・・小さじ1
◎砂糖・・・・・小さじ1
◎塩・・・・・ひとつまみ~ふたつまみ(3本指)
かつおぶし・・・適量


【作り方】
1:レタスは洗って水気を切り、適当にちぎる。
IMG_4897-1
外歯も美味しく食べれるんで、青々っとしたところも入れてOK。


2:鍋に◎印を入れ、強火で沸騰させる。
IMG_4899-1
ぐらぐらっと。


3:ぐらぐらっとしているところに1のレタスを入れ、混ぜながら20秒。
IMG_4902-1
さっと火を通すだけでOK。多少生っぽくてもそのままでOK。


4:保存容器などに移し、そのまま冷ます。
IMG_4903-1
冷ます間に全体的に火が通り、レタスの水分がでるので、火にかける時間はほんのちょっとでOK。


5:冷めたらかつおぶしをたんまりとかけて。
IMG_4936-1
レタスのおひたしできあがり。





ちぎってさっと茹でるだけなんで、

3分もあればできます。

冷ますのに1時間くらいかかるけど、

急ぐなら氷水にあててもらってもいいし、

いっそ、冷ますことを諦めてもらっても。

(ほかほか状態もそれはそれでウマイ。ただ冷まさないなら、もうちょっと火を通して)
IMG_4944-1
出汁はすごい濃いめなんですが、

レタスから結構な水分がでるので、

冷ますとちょうどいい具合になります。





うちはかつおぶしをかけましたが、

ごま油やラー油でも美味しいし、

炒り胡麻なんかも美味しい。
IMG_4939-1
お好みのものをかけてどうぞ。

お好みのものがなければそのままでどうぞ。





そして、特に食感や風味が変わるものではないので、

作り置きもできるんですけど、

ただ、レタスがこんな風に茶色くなります↓
IMG_4913-1
これは、ポリフェノールがどうとかこうとかで、

酸化の一種みたいなものらしく、

特に傷んだりしてるワケではないんですけど、

まぁ、茶色くなりますんで、

そこんとこ、ご家族によく説明してやってください。



多分、うちの旦那だけじゃないと思うんですけど、

男に限って、ほんのちょっと茶色くなっただけでもう食えねえ。とかいう輩が多く、

そういう輩に限って、思い込みで腹を壊したりするんで。

ポリフェノールだっつの。





鉄を食っても消化しそうな腹をしているのに、

実は、家族内で一番ナイーブなさぶろー山のお腹。
IMG_4917-1
それとは裏腹に、

むちゃくちゃ消化の悪そうな腹をしているのに、

どんなものでも消化できてしまうあたしの腹。



夫婦ってうまくできてんだね。







そして、レタスのおひたしに使った器は、

カステヘルミのジャーシリーズ。

これのサンドとクリア。



ボウルとは違った切立の形がかわいくて買ったんだけど、

ジャーなので、蓋がついててね。
IMG_4958-1
ちゃんと蓋が閉められる。



「密封」というほどの吸着力はないけど、

食品の乾燥を防ぐ程度の力はあるので、

晩ご飯を準備する時間がない時とか、

朝作って、ジャーに入れて、蓋して、そのまま冷蔵庫にポイってして、

帰ったら蓋をとってテーブルにスライドすればいいので、

それなりに便利。
IMG_4960-1
あと、蓋付きがゆえに、積めるのも魅力のひとつ。





あたし、このジャーがすっごい欲しくて欲しくて買って、

実際に使ってみたら、むちゃくちゃ使い勝手が良くて、

もんのすごいお利口な子だと思うんだけど、

我が家の食卓に一度ものぼったことがないのは、

それなりに理由がある。










あれは、3月の初旬のことだった。

欲しかったジャーを格安でGETしたあたしは、

うっきうきで荷ほどきに精を出していた。


箱を開け、色を確認し、

うっとりとするあたしの横で、おかんが洗い物をはじめた。





あたし「あ、洗いものするなら、コレも一緒に洗って。」





おかん「どれ?」





あたし「これこれ!今日仲間入りした子なんだけど、超かわいくな~い?」





と、ジャーを持ったその時。





あたし「あっ・・・!」





おかん「え。」





ひな「は。」
IMG_8037-1
/パッリーン\





おかん「あっ・・・!」





ひな「あっ・・・!」
IMG_8036-1
あたし「あああああああああ。」





おかん「あっ・・・あたしじゃないからね!触ってもないから!」
IMG_8037-1
あたし「あああああああああ。」





ひな「ひなでもないからね!見てもいないから!」
IMG_8036-1
あたし「あああああああああ。」





おかん「あああ。」
IMG_8037-1
あたし「あああああああああ。」




ひな「嗚呼・・・」
IMG_8041-1
割れた。





一瞬にして、割れた。

一度も使われることなく砕け、

食卓にのぼる前に欠片となり、

日の目をみる前にゴミと化した。
IMG_8043-1
ひな「よかったー。手とか出さなくて。」





おかん「うっかり触りでもしようもんなら、あたしが欠片になるとこだったわ・・・」





たった5分の命となってしまったジャーには、

本当に申し訳なく思うし、

新品なのに、すでに蓋とジャーの個数が合わず、

おかしなことになっている姿を見て、

すごく心が痛かったことを覚えてる。

いや、あたしが悪いんだけど。










あれから2ケ月。



ようやく悔しさという呪縛から解き放たれ、

コイツに日の目を見せてやる日が来たワケだけれど!
IMG_4963-1
食器棚を開けたところ、

どういうワケか、2つあるハズのサンドの蓋がなくなってて、

クリアのジャー1個に対して、クリアの蓋2個。

サンドのジャー2個に対して、サンドの蓋1個。

という、とてもおかしな現象が起き、

どうしていいのか分からない。

(注目は真ん中の子、ニコイチ)





どうせなくなるなら、割れたクリアの蓋にしてくれればいいものを、

なぜ、割れてもいないサンドの蓋がないのか。

どうしてそこでサンドの蓋が選ばれたのか。

そもそも、一度も使ったことがないどころか、

食器棚から出したことすらないのに、

なぜ蓋が紛失されているのか。
IMG_4962-1
あたし「嗚呼・・・」





なんか、イロイロと切なくて、

縁がなかったとしか思えない。
IMG_4964-1
とりあえず、ため息をつきながら詰んでみて、

買い足すことも考えたけど、

なんとなーく買い足す気にもならず、

今、あたしの頭を占める悩みの20%くらいをコイツが支配してる。









ご清聴ありがとうございます。

でも、きっと買い足すよ。と思ったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






ポチっとした方、大正解。












\リアルタイムで更新情報が届きます/