013-1
大人のミルクティープリン。










週末は江戸中につき予約投稿となりますが、

本日は、最近あたしがどハマりしてるプリンを。
051-1
/大人のミルクティープリン\




ほんのりラム酒が香る大人のミルクティープリン。

生クリームは不使用ですが、ミルク濃く、紅茶味もしっかりな濃厚プリン。



レシピは、

親切と老婆心で細々と書いてありますが、


1:ミルクティーを作って。

2:ゼラチンを入れて。

3:冷蔵庫にポイ。


の、ざっくり3工程です。




男性でも作れるレベルなので、

来たるホワイトデーには、

指輪と共にアピールするのもアリかな。と。






レシピ大人のミルクティープリン @レシピ


【材料】ミルク瓶6本分

牛乳・・・・・430cc
紅茶の葉・・・・・8g
黒糖・・・・・40g(できれば粉末状のもの)
ゼラチン・・・・・5g
水・・・・・大さじ2
ラム酒・・・・・大さじ2
練乳・・・・・好きなだけ


【作り方】
1:ゼラチンは水に振り入れ、ふやかしておく。
033-1
ちゃんとふやかさないと工程5で溶けなくなるのでね。しっかりふやかして。


2:鍋に牛乳と砂糖ひとつまみを入れて火にかけ、沸騰したら紅茶の葉を入れる。
036-1
少量の砂糖を入れるのは、牛乳にはる膜を防止するタメ。


3:弱火で1分ほど煮出す。
037-1
お好みの濃さになったら火を止めてOK。


4:茶葉を濾す。
041-1
あたしは茶葉をスプーンでぎゅっと押して一滴残らず絞ります。モッタイナクテ。


5:黒糖とゼラチンを入れ、溶かす。
043-1
もし溶けきらなければ、再度火にかけて溶かしてください。


6:氷水や冷水にあてて冷やし、ひと肌くらいになったらラム酒を入れる。
046-1
熱いうちにアルコールを加えちゃうと香りが飛んじゃうので、アルコールは必ず冷めてから。


7:6をもう一度茶漉しで濾す。
049-1
ここで余分な泡と不純物をすべて取り除きます。


8:カップなどに等分に注ぎ、冷蔵庫で3時間~冷やし固める。
052-1
カップに注ぐ時は低い位置からそっと注ぐと泡立ちません。


万が一、泡立っちゃった場合は、速やかに取り除くべし。
056-1
チャッカマンで炙ってもいいし、スプーンで取り除いてもOK。


9:完全に固まったら、練乳をかける。
001-1
練乳の量はお好みでどうぞ。



大人のミルクティープリンできあがり♡
040-1
ゼラチンで冷やし固めるだけなので、

特にポイントも何もないんですが、

しいて言うなら、

ゼラチンと水分(水、牛乳)の分量は守ったほうがよろしいかと。




薄力粉とかだったら、1gって誤差の範囲でどうにでもなるんだけど、

固めるもの(ゼラチン)と膨らませるもの(ベーキングパウダー&イースト)は、

1gが人生を変えちゃうからね。
021-1
人生を変えないタメにも、しっかり計ることをおすすめします。






ちなみに、このミルクティープリン。


食感的には、

「ぷりーん!」ってより、

「ふるふる~」ってくらいの。


十代の、ハリもシワも全く知らないピチピチのお肌ではなく、

どちらかと言えば、三十代後半くらいの。

ある程度歴史を刻んで、疲れ度MAX、要パック注意報程度の食感なので、

十代のようなハリをお求めの場合は、

ゼラチンを1gだけ増やしても可。
056-1
さすればぷりーん!っと、十代のハリが甦ります。

あたしの肌も甦れ。






使うお砂糖は、黒糖が断然美味しく、

色づきもいいのでオススメなんですが、

なければ白砂糖でもOK。
029-1
グラニュー糖やざらめでも大丈夫です。

(ただ、個人的には色のついてるお砂糖が美味しくてオススメです)






そして、練乳は食べる直前に。
061-1
早々にかけちゃうと、こんな風に↑練乳が沈んじゃうのでね。

できれば食べる前にかけてやってください。







\大人の 大人による 大人のタメの ミルクティープリン/
032-1
個人的にどストライク。







【使用資材】
黒砂糖
ゼラチンパウダー
ラム酒
練乳
ミルク瓶


お菓子・パン作りの総合サイトcotta








そして、全くの余談ですが、

ミルクティープリンに使った茶葉は、

もっかい水や牛乳を入れて、ぐらぐらっと煮出してます。
058-1
まだまだ十分に色もでます。

味もでます。

美味しくいただけます。



ティーパックは色がなくなるまで煮出す派。
 







ご清聴ありがとうございます。

読んだよー。のしるしに応援クリック1、2、3!

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

応援ありがとうございます。ぺこりぺこり。






多少の渋みは、「旨味」と変換できる脳を持ってます。