IMG_8636-1
今日は久々にレシピでも・・・と思っていたのだけれど、

どうしても聞いてほしい話がある。







ど う し て も。















先週、お義母さんの誕生日があった。



本来なら、

花とケーキを携え、お祝いに駆けつけるのが嫁としての筋なのだろうけれど、

我が家は、祝ったり祝わなかったり、

一週間後に祝ってみたり、半年後に祝ってみたり・・・

と、フリーなスタイルを貫いている。



「誕生日なんてね、思い出した時にだけ祝えばいいのよ。BYお義母さん」



その言葉、姑見聞録に載せたい。






まぁ、そんなんであるからして、

もちろん今年もそのつもりだったのだけれど、

今年はたまたまひなの入学時に、

「一族集合だYO!焼肉パーティー」

なるものを開催していただき、

その日がたまたまお義母さんの誕生日近辺だった。

まぁ、あたしは仕事で行けなかったんだけど。



ひなの入学祝いということは、

うちが祝っていただく立場なワケだけれど、

いくら祝ってもらう立場とは言え、

手ぶらで行くのもナンだし、

「お義母さんにお誕生日プレゼントでも買っていったら?」

と、さぶろー山に提案したところ、

さぶろー山はすぐさまママンにお電話をしたらしく、

「アイロンが欲しい。」とリクエストされたそう。



ハッキリと欲しいものを教えてもらえるのは、こっちとしてもありがたい。

悩んだ挙句、いらないものをあげてしまうより、

欲しいものをあげて喜んでもらったほうがいい。






じゃあ、アイロンを。

ということになったのだけれど、

さすがに当日は間に合わないので、

仕事が落ち着いたら選びに行って、お義母さんに届けよう。

ということになったのが、

つい10日前の話。



まぁ、あたしもすぐに選びに行けばよかったのだけれど、

電気屋さんの開いてる時間に都合がつかず、

あれやこれやと時がすぎ、(いや、たった3日なんだけど)

しびれを切らしたさぶろー山が、(だから、たった3日なんだけど)

「俺が買ってくるから一万円くれ。」

「お前が言い出しっぺなんだからお前が出せ。」

と言ったのは、つい1週間前のこと。



アイロンなど、触ったこともなければ、見たこともない坊ちゃんに、

アイロン選びなぞできるのか。

そして、まさかの「全額あたし負担」というところに、

一抹の不安と少々の疑問を感じたけれど、

さぶろー山は、

「今日、買う。今、買う。アイロン、買う。」

つって聞かないし、

あたしも仕事が落ち着くまでもう1ケ月くらいかかりそうだし、

何より、

ここで物を申してアレコレ言われるのが面倒だったので、

そのまま財布から1万円を出し、

アイロンのことなぞ、カラっと消え去った今日の昼下がり。





お義母さんから、一本の電話をいただいた。





内容としては、

「最近、どう?」

「仕事もいいけど、山もいいわよ。」

「熊はでてないけど、筍はいいのがキテる。」

「多分、今週~来週がピークね。」

「今年の筍は豊作よー!」

などなど、

主にドル箱の様子についての話だったのだけれど、

「筍もいいけど、今日は違う話をしようと思って電話したのよ!」

と、お義母さん。

「今ね、母の日のお花が届いたんだけど、それがとっても素敵で!」

「あんまりにも素敵で思わず電話しちゃったの。」

とのこと。



コロっと忘れていたけれど、

そういえば、先月、母の日のお花を買ってたんだった。






誕生日はフリーなスタイルでさせてもらってるけれど、

母の日だけは毎年お祝いをすることにしている我が家。



お花好きなお義母さんには、毎年お花を送るのだけれど、

去年、ユリの花束を送ったところ、

どうやらお義母さんは「鉢植え」が好きだったらしく、

来年からは鉢植えにしてくれ。

と言われたので、今年は鉢植え。



花については、至って素人というより、

素人に申し訳ない程度の知識しかないので、

ランキングを頼りに鉢花を探し、

お義母さんの好きそうな色合いの花を選んだ。



コレ↓↓↓




見たことのない色合いだし、コレでいっか!

と、思って買ったお花だったけど、

お義母さん的にも大ヒットだったらしく、

たいそう気に入ってくれたようだった。



「品種改良されたベゴニアらしいんですけど、花びらの枚数も多くて、花もちもいいし、多年草なんで来年も咲くし、リーガースベゴニアっていう品種で、ヴィンテージローズって色らしいですよー。」



と、ショップのページに書いてあることをそのまんま伝え、

リーガースベゴニアなる品種についての世間話をしていたところ、

あたしの中でカラっと消え去っていたアイロンの話がでた。



「こんな素敵なお花まで貰ったのに、アイロンまで買ってもらえるなんて、なんだか悪いわぁ。」

と、お義母さん。



まぁ、アイロンとベゴニアが重なっていたとしても、

それは誕生日と母の日が近いってだけの話なので、

アイロンは誕生日、ベゴニアは母の日。



「是非是非貰ってやってくださいな。」

と、あたし。



「でもね、さぶろー山にも同じことを言ったんだけど、あの子もね、同じことを言うのよ。」

お義母さんの言葉は続く。



「アイロン、買ってやるって。」

「好きなアイロンを選んでいいって。」

「そこまで言われたら、どんなアイロンにしようか迷っちゃうわよね、嬉しすぎて。」

「でも、あたし、死ぬまで大事にしようと思うの。」








「まさかさぶろー山の小遣いから買って貰えるなんて・・・!」





と言われた時は、







「まさかあたしの小遣いから出てたなんて・・・!」





口が裂けても言えなかった。










ご清聴ありがとうございます。

それは言えないね・・・と思ったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






男はなぜ、ママンの前でカッコつけたがるのか・・・











\リアルタイムで更新情報が届きます/