IMG_0529-2
本編とは何ら関係のない画像「夜のおかめん」。





昼間はかわいく生息してるんですけどね↓↓↓
IMG_0530-1
ほんの数時間ズレただけで、夢にでてくる。










さてさてさて。

一昨日からの続きで無人販売のバイトの思い出。

(その①→無人販売における人間ウォッチングの思い出。~に辿り着くまで~

(その②→

(その③→無人販売における人間ウォッチングの思い出。~始めてのお客さんは勇者~







初回から度肝を抜かれたあたしは、

気を引き締め、

パラソルを近づけ、

袋の数と現金を確認しつつ、

時には売り子と化し、

野菜をさばいた。



最初こそ、人口密度<熊密度を疑った土地だったけれど、

日が昇れば、結構人が来るもんで、

昼時には代わる代わるお客さんが訪れた。



時には近所のおばあさま方がやってきて、

代わる代わる話し相手にもなってくれた。

話し相手が「人間であること」が何より嬉しかった。



代わる代わるやってくるお客さんにも、いろんなパターンがあった。



1人で来て、大量に買っていくお客さんもいれば、

5~6人で来て、1袋を分けるお客さんもいる。

野菜の中身にケチをつける人もいれば、

ここのお野菜だと子供がすっごく喜ぶから。と嬉しい言葉をかけてくれる人もいる。

料金箱に5円を入れて1袋500円の野菜を持ち帰ろうとする人もいれば、

お釣りはいらないよ。と、1袋1,000円を入れてくれる人もいる。



半日もすれば、どんな人が良い人で、どんな人が悪い人か、

あたしにもだんだん分かってきた。



まず、あわよくば・・・!を狙ってくる人は、

声をかけた時の驚き方がハンパない。



「いらっしゃいませー。」

と、たった一言声をかけただけなのに、

「くぁwせdrftgyふじこlp・・・!」

と、声にならない声をあげた後、

まるで宇宙人を見たかのような顔であたしを凝視する。



普段なら、

そんなに見つめられても・・・と照れるところだけれど、

完全に目が泳いでる。

ある意味、逝ってる。



しかし、そういう輩は、

良心の呵責からか、大量に野菜を買ってくれることが多かった。



多分、防犯カメラではなく人を雇った理由はソレなんだろうな。

ということに気づいたあたしは、

ここぞとばかりに野菜を勧め、

1人で10袋買ってくれた罪悪感の塊みたいな人もいた。



無人販売とは、人々の善意によって成り立つ商売なのだなーと、つくづく感じた。





そんなことを思いつつ、穏やかな午後を過ごし、

野菜の残りもわずか4袋となった頃。



そこそこいいお値段のする高級車が止まり、

中から身なりの良いご夫婦が出てきた。



歳の頃は50代後半くらいだろうか。

キンキラキンの腕時計と白い歯が煌煌と光るご主人と、

それにふさわしいキラキラの金歯を持つ奥様だった。



車から降りた二人は、新鮮な野菜を前に、キャッキャしてる様子だった。



あたしは、「いらっしゃいませー」と声をかけ、

入っているものや値段を説明した。



「こんなに入って500円なんて夢のようね!」と、奥様。

「じゃあ、買って帰るか。」と、ご主人。

「ありがとうございます!おいくつお取りしましょうか?」と、喜ぶあたし。

「じゃ、あるだけ貰おうか。」と、太っ腹なご主人。

「そうね、帰り道で〇〇さん家にもお裾分けしましょうか。」と、中身を確認する奥様。



この時点で野菜の残りは4袋。



予想以上に早く売りきれることが嬉しかったあたしは(なぜなら、売りきれた時点で帰ってよかったから)、

「じゃ、お車まで運びますね。2,000円になります!」

と、袋を手にした。





そこまではよかった。








「全部買うから500円な!」


と、ご主人。

いらん提案である。








ご主人があまりにも当たり前のような顔で言うので、

「すみません。1袋500円なので、4袋なら2,000円になります。」

と、返すも、

「いや、全部買うから500円だろ。」

と、当たり前のような顔で返される。



残り4袋の野菜を1袋分の値段で叩き売り。



たとえばこれが、別の土地ならアリな方法かもしれない。

だけれども、ここは新潟。

値引きの分化は、ない。



そこに付け加えて、これはあたしが作った野菜ではなく、

あたしは、ただのバイト。

値引きだのなんだのの権限はない。



おじさん(生産者)だって生活がかかっている。

500円だって1,000円だって大事な収入源なことも知っている。



申し訳ないけれど、

自分がバイトである旨、

そこまでの権限がない旨、

ここは新潟である旨、

よって、値引きは勘弁してほしい旨を伝えると、






「大丈夫、買ってやっから!」







と、何の根拠もない大丈夫さをアピールされる。

日本なのに日本語が通じないせつなさよ。



とは言え、

たった500円で4袋も持っていかれるワケにもいかないので、

「お願いします、お願いします、1袋500円なんです!」

と、ひたすら頭を下げるも、

「ほら、とっとけ!」

と、ご主人はあたしの右手に500円玉を握らせ、

袋を4つ手に取った。

DOROBO-!



「いやいや、あの、1袋500円なんで、もう1,500円・・・!1,500円を・・・!」

と、慌てふためくあたしを横目に、

颯爽と野菜を積み込むご主人。

DOROBO-!



「すみません、すみません。お代を・・・もう1,500円を・・・!」

と拝み倒すも、

「じゃ、ありがとッ!」

と、ご主人は車に乗り込んでしまった。

DOROBO-!





車のエンジンがかかり、

心底困り果てていると、

奥様があたしの横に立ち、

そっと手に光るものを握らせてくれた。



奥様がぎゅっと手を握ったので、

目視こそはできなかったものの、

手の平には何枚かの手応えを感じた。



ハッとするあたしに、奥様は目くばせをした。



その様子から、

「うちの旦那は一度言い出すと聞かない人でごめんね。ちゃんと払うから内緒にして。」

ということが伺えた。



あたしはそこに、「困ったご主人と清く正しい奥様」という夫婦像を見た。





まぁ、世間一般的にはどうかと思うご主人だけれど、

確かに、世の中にはそんな男もいる。



でも、そんなご主人だからこそ、

清く正しい奥様がついて、そっとご主人のケツを拭いている。



そんなご夫婦に、ここであたしが言葉を発してはいけない。

貰うものは貰った。

あとはおとなしく見送るのが吉。

と、奥様の優しさを噛みしめ、

めずらしく空気を読んだあたしは、

深々とお辞儀をし、お二人を見送った。



高級車が見えなくなり、

そっと左手を開くと、

手の平には。














103円が光っていた。




すげえ夫婦だな。と思いました。










ご清聴ありがとうございます。

すげえ夫婦だ。と思ったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






この無人販売では何日かお世話になりましたが、この夫婦が堂々のNo.1。













\リアルタイムで更新情報が届きます/