IMG_5532-1
本編とは何ら関係のない画像、

「間違いなく、誰よりも疲れてないのに、誰よりも疲れた表情をみせる二番娘」。










さてさてさて。

一昨日からの続きで無人販売のバイトの思い出。

(その①→無人販売における人間ウォッチングの思い出。~に辿り着くまで~

(その②→







あっさりと夢破れたおじさんは、農作業をするべく、畑へ。

あたしは、大きな鈴(熊よけ)と、一本のクワ(武器)を預けられた。





あたし「・・・鈴とクワか。」





熊と言って、まず、思い浮かぶのは、

プーさん、リラックマ、ダッフィー、ジャッキー。



いずれもほっこり癒し系を謳うキャラクターではあるけれど、

多分、あたしがここで会う熊はそういう類じゃないっぽい。

どちらかと言えば、流れ星銀とか、シャトゥーンとかに出てくるような、

目、血走ってる系。



が、しかし、

いくら田舎とは言え、ここは本州。

さすがにヒグマの登場はないと思うけど、

「クマったな!」なーんて声をかけようもんなら、殺られることは確実。



熊が出た場合、死んだふりが有効とは聞いたことがあるけれど、

果たしてそれは真実なのか。

万が一向かってきた場合は、クワ一本で勝てる相手なのか。

鈴の鳴らし時は、出会いがしらか、去り際か、それとも執事の呼ぶ時か。



万が一の場合に備えて、

いろいろなシチュエーション(鈴を奏でる、優しく話しかける、お昼ごはんのおにぎりをご馳走する、等々)を想像しながら、

人間のお客さんを待った。





開始から30分。



特に来客もなく、

来熊もなく、

一人でアリの数を数えていたところ、

一台の軽トラックが止まった。





「あ、始めてのお客さんだ!」





おじさんには、

「お客さんが来ても、特に何もしなくていいから」

と言われていたけれど、

始めてのお客さんだし(ぶっちゃけ、アリと過ごすのは少し寂しかった)、

一応、顔ぐらいは出しておかないと悪いような気がして(ぶっちゃけ、声も発してみたかった。緊急時以外の声を)、

ゆっくりとお客さんのほうに向かって歩いた。



あたしのいるパラソル下から無人販売の場所までは十数メートルほどの距離があるのだけれど、

あたしの歩くスピードが遅かったのか、

お客さんはすでに軽トラに乗り込んだ様子だった。



「あ・・・!」



と、走り出すも、

軽トラのエンジンがかかり、

あれよあれよと、走り出す軽トラ。



乗っていたのは、帽子をかぶった齢70歳くらいのおじいさん。



ご丁寧にも、あたしの横を通り過ぎるとき、

深々とお辞儀をし、右手をあげてくれた。



去り際には、軽トラの荷台に3つほどの袋が見えたので、

あたしは、「ありがとうございましたー!」と大きな声で言った。





先にも書いた通り、

ここの無人販売は、いろんな野菜が詰め合わせになっているので、

どちらかと言えば、「選んで買う」イメージがあったのだけれど、

このおじいさんのようにちゃっちゃと買って帰る人もいるらしい。



あたしだったら、ひとつひとつ吟味して、

どれにしようか迷って迷って迷っっっっって買うけれど、

男の人から見たら、どれでも一緒だろうし、

どれでも一緒なら、目についたもんから買うわな。



でも、そういう人に合わせるなら、

もうちょっと早く走らないと間に合わないし、

いっそ、パラソルをもうちょっと近くに寄せたほうがいいのかな。



そんなことを思いつつ、

残った袋の数を数えると、

確かに3つ減っていたので、

あ、やっぱり3つ買ってくれたんだ!

と、少し嬉しくなった。



無人販売なのに、どこの馬の骨かも分からんあたしに、

わざわざお辞儀までしてくれて、手まであげてくれて、

やっぱ、田舎の人は親切だなー。

なーんて思いながら、

料金箱を見ると。



















1円も入ってなかった。





開始30分。

初のお客さんは泥棒で、

それも悠々とお辞儀をして立ち去る勇者。









ご清聴ありがとうございます。

おじーさーーーーーーーん!と、思ったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






明日は最もあたしが困ったお客さんの話。










\リアルタイムで更新情報が届きます/