IMG_2683-1
牛肉のトマトシチュー・牛肉のなんか変なグリルっぽいの・グリーンサラダ・バゲット










さて。

入学から2週間ばかりの月日が経ち、

高校生活にもだいぶ慣れた一番娘。



初めての電車。

初めてのバス。

初めてのパンダッシュ。



一通りの「初」を体験した娘が、

小さな悩みを秘める時期。





ひな「どうしようかな・・・どうしよう・・・」










ひな「部活・・・どうしよう。」








ホント、どうしようかね。
IMG_2691-1
じゃ、4月18日の晩ご飯。

牛肉のトマトシチュー。です。





冷蔵庫に良さげな牛肉(切り落とし)があったので、

ちょっと勿体ないかなーと思いつつ、トマト缶で煮たんだけど、

そしたらさ、

びっくりうっま!
IMG_2696-1
「ええ肉こそシンプルに」

「さっと焼き、塩・胡椒こそが最強で最高」

と、信じて疑ったこともなかったけど、

ウマいもんは、どうやってもウマイ。

どんな濃い味をつけてもウマい。

牛肉の旨味、めっちゃ生きてる。








そんなトマトシチューに合わせる炭水化物は、

もちろん、バゲット。
IMG_2688-1
まーね。

なんせ、粉1.6kg(8本)だし、ね。

本気でかからないと間に合わないし、ね。



そいや、このバゲット、

新オーブンで初焼きだったんだけど、

なんか、あんだけ悩んで、

あんだけアホみたいに焼いて、

それでも全然できなかったバゲットが、

普通に焼けた。




これ、また別記事で書こうと思うんだけど、

もうね、ホント衝撃ですよ。

今時のオーブンの性能に!
IMG_2702-1
美味しく焼けたバゲットは、シチューにひたパン。

すんごいうっまい。








おかずというか、メインプレートは、肉。
IMG_2694-1
ちょうど休日だったさぶろー山が、

朝一番に七輪とか炭とか買い込んできて。



それを見ただけでこっちのHPは0なのに、

むちゃくちゃ嬉しそうに見せんの。

卒倒しそう。

いや、卒倒したい。



頼むから家の中でだけはやってくれるな。

頼むから・・・!

と、お願いし倒して、

玄関先で炙ってもらった。
IMG_2692-1
食べるのが大好きすぎて、

自分で何かしたい気持ちは分かるけど、

まずは、「後片付け」というものを学んでほしい。




そして、

後片付けを学んだら、

まずは「料理の基本」を学んでほしい。
IMG_2684-
何時間炙ったんだか知らんけど、

牛肉、スルメ以上の噛み心地だった。










で。









中学校では吹奏楽部だった一番娘。



入学前は「高校でもやりたいなー」と言い、

あたしもそれに賛成していたのだけれど、

実際、入学式時の演奏が、








上手すぎた。









確かに、中学時の経験者達がさらに練習を積むワケだから、

中学生より上手いのは分かる。



でも、一年生の入場&退場を全く邪魔せず、

むしろ、音に合わせて行進したくなるような音量。

それでありながら、曲の強弱はちゃんとつけられ、

そして、正確に刻まれたピッチ。

あれだけの人数で、あの音量。

この広い体育館で、この響き。

ひとつひとつの楽器が主張しすぎず、

しかし、そのひとつひとつをちゃんと奏で、

すべての音に自信を感じる演奏。





ひな「吹奏楽部の生演奏、すっごいすっごい上手かったー!」





あたし「中学校とは段違いだったね・・・!」





さぶろー山「え、あれ、テープでしょ?」





いや、そこはせめてCDと言ってくれ。(しかも生演奏だから)





入学時はさして気にしてなかった吹奏楽部のレベルだけれど、

調べてみたら、結構な強豪校だったようで、

入部すれば、夢にまでみた西関東は確実。

なんなら、全国大会だって夢じゃないレベル。





ひな「やっぱり強豪なんだ・・・!」





あたし「強豪で吹けるチャンスだね・・・!」





が、しかし。




上手いということは、

それなりの練習をしているから上手いのであって、

サラっと吹いてくれたあの演奏も、

血のにじむような努力があってこそのもの。



早起きのツラさに耐え、

夏の熱さに倒れ、

休日はなく、

真っ暗になっても吹き続けた結果の賜物。

母さんが弁当を作り続けた結果の賜物。





どうしようかな。どうしようかな。

と、悩みに悩み、

何度も何度も吹奏楽部を見学し、

書いては消し、書いては消したひな。

何度も何度も作る弁当の数を数え、

数えては怯え、数えては怯えるあたし。

(年間、推定360個)





実際、弁当という悩みはあれど、

吹奏楽部はイイ。

活動日数が360日でも、

朝・昼・晩で練習があっても、

ブラック部活と呼ばれても、

友達もできれば、

目標もできる。

共に夢を追う。



やっぱり、部活でしか学べないこともある。



今でしか学べないことがある。

今でしか作れない弁当があ・・・る!





あたし「・・・大丈夫、弁当のことは任せてくれていいから・・・!」





と、ひなの背中を一押しし、

年間360個の弁当を覚悟した次の日。





ひな「よし、決めた!」





あたし「あ、吹奏楽部に決めた?」









ひな「バレー部にする。」

あたし「なにそれ。」











ご清聴ありがとうございます。

天然ものの天然ひなちゃんへの応援はこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






予想外すぎた答えに目ん玉が飛び出ましたけど、

この話、明日に続きます。










\リアルタイムで更新情報が届きます/