ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

胡桃とバナナのパウンドケーキ









梨の出荷と共に、林檎が色づきはじめ、

程よく気温も下がって、オーブンともお付き合いできるようになった今日この頃。





ようやく。

美味しい季節になりました♡










ハイハイハイハイ。

そんなワケで。

今日はしっとり美味しいパウンドケーキ。

バナナ×胡桃のレシピです。







レシピ胡桃とバナナのしっとりパウンドケーキ



【材料】25cm×7cmスリムパウンド型1本分
バター・・・・・130g
卵・・・・・・120g
砂糖・・・・・120g
薄力粉・・・・・130g
ベーキングパウダー・・・・・2g
バナナ・・・・・小2本(正味110~120g、完熟のもの)
胡桃・・・・・40~50g
胡桃リキュール・・・・・30g
シロップ用胡桃リキュール・・・・・30~40g



【作り方】
1:バターと卵は常温に戻しておく。


この作業ができないとパウンドケーキは失敗しますが、
逆に言えばこれさえできれば成功するのがパウンドケーキ。


2:型に敷紙を敷き、薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。


あたしはテフロン加工の型を使っているのでこんな感じにしか敷きませんが、
ブリキやアルミ型をお使いの型はきっちり敷いてください。バター+小麦粉でもOK!



3:胡桃をフライパンに入れ弱火で5分ほど炒り、冷めたら皮をむき、適当に刻む。

オーブンでローストしてもOK!皮はできるだけむいたほうが美味しいです。皮には渋みがあるので。


4:バナナはフォークなどでざっくりとつぶし、ラップをかけておく。(←酸化防止のため)


ざっくり潰す程度でOKです。できれば完熟バナナ推奨。


5:バターを木べらで練り、砂糖を3回に分けて加える。


一度砂糖を入れたら50回は混ぜる。



泡立てるのではなく、すり混ぜる感じで混ぜます。


しっかり混ぜれば木べらで混ぜても、こんな感じに白くふわっとします。



6:卵を6~7回に分け、少量ずつ加える。


少し加えたら木べらで50回以上混ぜ、さらに少し加えたら木べらで50回以上混ぜ・・・を繰り返します。



ちゃんと混ぜれば分離しないのでしっかり混ぜて。


卵やバターの温度低かったりすると分離する可能性あり。分離しそうになったら、ドライヤーで少しだけ温めて修正を。

万が一分離してしまったら、少量の小麦粉を入れて修正してもOK。


7:薄力粉を2~3回に分けて入れ、木べらで切るように混ぜる。


鼻息で粉を飛ばさないように。



8:潰しておいたバナナ、胡桃リキュール、胡桃を加え、さらに混ぜる。


これで生地できあがり。



9:型に流し入れ、こんな感じ↓にする。


真ん中をへこませ、サイドを高く。こうすることでよく膨らみます。



10:170度のオーブンで40~45分焼く。

串をさし、何もついてこなければOK。
途中で焦げそうになったら、アルミホイルをかぶせて焼いてください。


\ぱっくり割れ目のパウンドケーキ/


真ん中にナイフを入れてぱっくり割る方法もあるけど、真ん中をへこまして焼成してもよく割れます。



11:型からだし、熱いうちに胡桃リキュールを打つ。


トップだけではなく、脇や底にも打ってね。



12:完全に冷めたら、ぴっちりとラップで包み、24時間以上置く。


焼きたてより次の日のほうが味が馴染むし、しっとり感が増して美味しい。




胡桃とバナナのしっとりパウンドケーキできあがり~♡

パウンドケーキをしっとり焼くにはいくつかコツがあるんだけれど、

ひとつはお砂糖。




グラニュー糖ではなく、白砂糖がおすすめ。



多分どこのおうちでも使ってるであろう白砂糖。




砂糖についてはいつか云々語りのページをとろうと思うので、

ここでは深く触れないでおくけど、

グラニュー糖より白砂糖のほうがしっとり焼きあがります。色づきもいいしね。



BPは、入れないほうがしっとり焼けるんだけど、

今回は、バナナという重量感たっぷりなものを入れたので、少量のBPを加えて膨らませてます。

プレーンだったらBPを入れないほうがしっとりするよ。




それと、少量のアルコールを生地に入れて焼き、最後にアルコールを打つのもしっとりさせるコツ。

今回はトスキノチェロという胡桃のリキュールを使ってます。






これ、ちょっと前(というか、だいぶ前か・・・?)にramちゃんと製菓用リキュールについて話してた時。



ramちゃん「すっごく美味しいリキュールがあるんだけど、どこにも売ってなくて。

もし、学校で仕入れてたら仕入れ先聞いておいてー。」



なーんて話してたリキュールなんだけど、

ようやく、見つけた♡






ramちゃーん、見つけたよー!

来週そっちに届くからー!(←私信)









そんな私信を挟んで、

化け物
ramちゃんイチオシのトスキノチェロ。

さすが化け物酒好きイチオシなだけあって、うまいうまい。

びっくり美味い。

超うまい。

ごぶごぶ飲めます。

うっかりニホンメ。(←ごぶごぶ飲んだ)


お酒としていただく時は、牛乳で割るとすっごいウマいです。



化け物ramちゃんは原液を飲むと思いますが。

ボトルで。

10本・・・いや、20本はカタイね。











と、なぜかそのまま飲む設定になってしまいましたが、

お菓子に使う場合は、ラム酒のような強烈なアルコール感がないので、

アルコールが苦手な方でもイケます。

アルコールを飛ばさなくても全然大丈夫!




できあがりにシロップを打てば、パウンドケーキに胡桃の香りがついて、超しっとり。


今、あたしの中でトスキノチェロが超熱い。







【使用資材】
トスキノチェロ(胡桃リキュール) ←トスキノチェロ、コッタさんで売ってます。
薄力粉(ドルチェ)
よつ葉バター(無塩)
生クルミ
テフロンセレクトスリムパウンドケーキ型(大)


お菓子・パン作りの総合サイトcotta

/300個限定!生クルミ998円SALE中~!\









パウンドケーキをしっとりさせるコツは、お砂糖、BP、アルコールの他に、

水分、油分なども重要になってくるので、

その辺は、いつかまた、語りたいと思います。

長々と。








ご清聴ありがとうございます。

しっとりパウンドケーキ、食べたくなったらこちらをポチポチポチっと♡

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





今秋は胡桃のお菓子をいっぱい作ろう。るん♪















 AD