ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハンバーグ・キャロットラペ・アスパラ・レタス・ラタトゥイユ・梨










猛烈肉を欲した9月8日。

迷わず捏ねました。


/ハンバーグ\








ハンバーグは、カレーと並んで家庭でいろんな味があると思うのだけれど、

うちのハンバーグは、ふんわり柔らか系。

お箸で食べれるハンバーグ。


ブログにはきっちりしたレシピをのせたことはなかったような気がするんだけど、

まぁ、こんな感じ。(→照りマヨハンバーグ






ソースはケチャップベースのワイン&バター入りソース。

これもきっちりレシピをのせたことがないような気がするんだけど、

まぁ、近しいものがこれ。(→ハンバーグサンド







毎度書こう、書こうと思いつつ、

うっかり忘れてしまうのは、

これも八方塞ゆえのことなのか。

それとも本厄か。

もしくは老化か。

(多分老化)










あとは、ラタトゥイユ。


ルクで作ったラタトゥイユ。

粉チーズとタバスコかけていただきやす。









そして、デザートには梨。

ま、ラタトゥイユと麦茶に隠れて全然見えないんですけどね。

しょうがない、しょうがない。











で。












嬉しい偶然とコネをGETし、

次の日、社長直々にもう一度面接をしていただくことになったあたし。





行ってみれば、





S社長「実はるぅさんの前の会社に俺の友達がいてね。N島って言うんだけど、昨日電話して聞いちゃったよ。ははは。」





と、昨日とは打って変わって大変にこやかな社長サン。





S社長「N島もさ、そんなに人を褒めるタイプじゃないんだけど、るぅさんのことすっごい褒めててね。この給料でアイツが雇えるなら安いもんだって言われちゃってさ。ははは。」





感触も上々。

コネってすごいね。






S社長「そんなN島からの話もあるし。」





うんうん。





S社長「うちとしても」





うんうん。





S社長「是非お願いしたいと思ってるんだ。」







りんごーん。


幸せの鐘が鳴った瞬間である。




















「パートとして。」



幸せの鐘が打ち消された瞬間でもある。









S社長「時間は8:30からでもいいけど、10:00からのほうがいいかな。朝は遅めの出勤でもかまわないんだけど、できれば午後は終わりまでいてほしいかな。」





いやいやいやいや。

ちょっとマテ。




鐘は打ち消されたけれど、

ちょっとせつないけれど、

違うよね。

違うよね。





あたし、正社員募集でキタよね。











と、履歴書を確認するも、

待遇:正社員。 の文字。








あたし「え・・・と。正社員募集をされてるんですよね・・・?」





S社長「ええ。職安で募集したのは正社員なんですが、るぅさんにはパートとして来ていただきたいと思って。」





いやいやいや。




あたしは正社員として。

働きたいのです。





あたし「すみません、あの・・・正社員希望なんですが・・・」





と、あたしも正社員主張をしてみたが、






S社長「んー・・・お子さんがいるとね・・・どうしても休みがちになっちゃうでしょう・・・少ない人数でやりくりしてるので、正社員に休まれるとちょっとね・・・。基本的に急な欠席は困るからなぁ・・・。」





ええ。ええ。

そうですよね。

確かにそうだと思います。

急な欠席は困る。

すっごく困る。




でもね。

あたしはね。






休みません。




どんなことをしてでも会社に来ますから。








と、最大限に主張するも、

答えは、









S社長「お子さんがいるとね・・・」









の一点張り。






今思えば、

月給が時給になるだけでボーナスは規定通りくれるって言うし、

雇用形態くらい別にパートだろうが何だろうが良かろうなもんだけれど、

そこはやっぱりね。

うちにも事情ってもんがあるのだよ、明智君。








よって、

子供がいるならパートじゃないと雇えない。という雇用主と、

どうしても正社員として働きたい。というあたしの間で折り合いがつかず、

結局、この話は流れた。











そしてまた、面接に追われる日々を送るワケだけれど、

行けども行けども不採用の嵐。



子供がいるなら・・・

と、門前払いの会社もあったし、

子供がいると分かった瞬間、

「あー、ごめん。」

と、言った会社もあったし、

「隣のコンビニ紹介しようか?」

と、言った会社もあり、

それはそれは悔しい思いをした。










子供がいることがそんなにダメですか。






そら、少子化にもなるわ。








ご清聴ありがとうございます。

この悔しさ、分かってくださる方はこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





働ける環境があったらもっと子供が増えると思うんですけどね。。。

To Be Continued・・・!













 AD