ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



はい、どうも。

マーライオンです。




マーの症状が一向に回復せず、

もう、マーライオンがあたしに乗り移ってんじゃないか。って噂もあります。

本家本元のアイツを休暇を出して、あたしが代わりに奉られてもいいんじゃないかな。

ってくらい、マーってます。

そろそろ医者へ行くことも考えてます。


























胃腸の調子が回復せず、

未だガンガンにくすぶってますので、

とりあえず書きかけになってたもの、

9月28日にUPする予定だった~家族の愛の物語~をお送りしようと思います。

ええ。




またこのネタ?とお思いになるかもしれませんが、

なにせ、家族の愛情がたっぷり詰まってますから。

もー、まごうことなき愛の愛の愛5乗くらいの愛物語ですから。

やっぱ、こう、ね。

いつも遊びに来ていただいてる読者さんとは、長年のお付き合いをさせてもらってるワケだし。

しあちゃんなんて2周目行っちゃってるし。(しあちゃん大丈夫かー!新記録期待してっからねー!)

是非とも分かち合いたい。

感じてほしい。

共に感じたい。

我が家の愛を。


















~家族の愛の物語、はじまりはじまり~



9月28日(月)午後3時すぎ。

山ほどいただいた緊急連絡の中で、

一番早かったのがおかんからの電話だった。



多分、時間的には、おかんの目が速報をキャッチした瞬間、受話器を持ったんだと思う。



愛しい長女を心配してのことなのか、

愛しい長女の一大事。とでも思ったのか。

開口一番、







「福山結婚、福山結婚、福山結婚。」







まず連呼。




「は?いきなり何言ってんの?」

というあたしの言葉は華麗にスルーして、








「本日、私、福山雅治は、吹石一恵さんと結婚致しました。結婚。

友人関係から始まり、数年前からお付き合いが続いていく中で、

いつしか人生を支え合う存在として意識するようになりました。そして、結婚。

二人とも、ほぼこの仕事の世界しか知らず~中略~だから、結婚。

家庭のタイプは、ささやかながら明るい家庭を・・・で、結婚。










と、

生中継バリに全文を読み上げられた時。





あたしも泣いたよね。




もう、最初の20文字で泡ふいてっから。

全文終わる頃、意識ないから。








朦朧とする意識の中で、

「もう、今日は何もできません。今日は会社休みます。BY藤村真理」

って言った。



そしたらさ。

「いいよ、今日は餃子にしよう。あたし、材料買ってくし。あんた包まなくていいし。何もしなくていいから寝てな!」

と言われた時は。

おかんの優しさに涙した。

ものすごい愛情感じた。

多分、こんな愛されてる感、生まれて初めて。

ありがとう、オカーサン。










そんな優しさから1時間後。

おかんが肉や餃子の皮やらを片手に帰ってきて。

もちろんあたしはソファに突っ伏して泣いていたのだけれど、

そんなあたしに何を言うかと思えば。





「餃子には豚の塊がいいらしい。」

と。






「豚の塊肉を叩いて入れると、肉々しくて、めっちゃジューシーな餃子ができるんだって。

ねえ、知ってた?餃子には豚だよ。豚肉だよ。豚バラだよ。叩いた豚だよ。叩き豚。」

と。

どこぞで仕入れてきたんだか知らんけど、

豚バラ、豚バラと、豚バラへの想いを熱く語っておきながら、

目の前におかれた肉が「合挽き」だった時。

思わず言ったよね。







これ、合挽きですけど。



あたしは逢引きがしたい、福山と。









もちろんおかんは、

「あはは、間違ったみたい。」

と、笑ってたけど、

多分彼女はね、「豚挽き肉」と「合挽き肉」の違いが分からないタイプ。





でもこれはね、仕方のないこと。

なにせ、肉じゃがで火事を起こす実力の持ち主。

かわいい間違え、愛すべき間違え、想定の範囲内、

そしてあたし、それどころじゃない。











だけれども。

合挽きでは餃子になれないこの時代。

「豚バラがいいなら豚バラを買ってきたらどうだい?」

と、もう一度使いに出したら、

「ロースじゃダメかな。」

「肩ロースならあるんだけど。」

「ロース塊500gなら売ってるんだけど。」

と、

やたらのロースオシ。

それも、豚肉コーナーから5回も電話してくるうちの親には少々問いたい。









豚バラへの想いはどこですか



そしてあたし、豚バラとか、ホントどうでもいい。














そんな、5回のロースオシな電話を経て、

ようやく帰ってきたかと思えば、

泣きながらソファに突っ伏してるあたしの前に、

「早く作りなさいよ。」

と、言わんばかりに材料を積みあげ、

「ちょっと着替えてくる」と言ったまま、

待てど暮らせどおかんの姿が現れなかった時。





聞き間違いだったかな。つって、

回想しちゃったよね。






「もう、今日は何もできません。今日は会社休みます。BY藤村真理」

って言った。

そしたらさ。

「いいよ、今日は餃子にしよう。あたし、材料買ってくし。あんた包まなくていいし。何もしなくていいから寝てな!」

と言われた時は。

おかんの優しさに涙したよね。








オカーサーーーーン!













まぁ、そんなこんなでね。

どこまで着替えに行ったか知らんけど、

十二単でも着てたか知らんけど、

1時間後にようやく着替えから戻って、

何を言うかと思えば。









「まだ作ってないの?」







って言われた時は、

思わず自分の耳を疑ったよね。















優しさはどこ。

という、優しさの欠片もない餃子が、9月28日(月)の晩ごはんでした。

あ、包むのは手伝ってもらいました。さすがに。











まー、あたしもさ。

人生におけるせつなさランキングでは、堂々ランクインだな。

ってくらいせつなかったけど、

飯炊きに休みはないワケで。

家族の腹事情とあたしの想いは比例しないワケで。

泣いても突っ伏しても、「ヤレ」って言われたら、

やるしかないワケで。



キャベツ切りながらも涙でちゃうよね。

あれ、キャベツってこんなに涙でるもんだっけ。みたいな。

実はこれ、玉ねぎなんじゃない?

キャベツの姿した玉ねぎなんじゃない?

ビビデバビデブー?

ってくらい、超ぼろっぼろ。








餃子を蒸す時なんか水もいらないんじゃない?

あたしの涙で蒸せない?

ねえ、涙で十分じゃない?

蒸せるよ、蒸せる。

絶対蒸せるって。

ビビデバビデブー!

ほら、蒸せた。

ってくらいぼろっぼろ。








そんな餃子をさ。

7人(おかめ家4人&はるか家3人)で囲んでさ。

初めてうちの餃子を堪能したはるかの旦那さんがさ。

「美味しいですねー!これ、味付け何ですか?」

って聞いてたけど、

それはもう、まごうことなき涙だよね。

あたしの。










ビビデバビデブー!!!!!


















でも、すごいよね。

こんだけ涙がでることもすごいけど、

何がすごいって、

色を白と黒にしただけなのに、

全然美味しそうじゃない。

ってか、焦げの塊みたい。














そんな、すべての色が失われた9月28日。

はるかとさぶろー山は、「福山結婚!」という四文字熟語を連呼し、ゲラゲラと笑っていました。













ご清聴ありがとうございます。

いろんな意味でがんばれ・・・!の応援はこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





ま、愛の形っていろいろあるから。














 AD