ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海老ピラフ・グリーンサラダ・半熟卵のミニグラタン・かぼちゃのポタージュ









あたしさ、

昨日サラっと「クマのクセに東大出身」とかサラっと書いたけど、

よくよく考えたら、

東大出身ってことは、

因数分解も解けるし、

二次関数も解けるし、

微分係数の意味だって分かるワケで、

それって、超すごくない・・・?




だって、あいつ・・・

クマというカテゴリにおきながら、

ルート計算とかできちゃうんですよ?

積分とか語れるんですよ?

無理式だって全然無理じゃないワケですよ?









クマなのに。










我ながら、すごい時代になったな。と、思います。

で、海老ピラフです。




人参、セロリ、玉ねぎ、海老、と4つの具から成る海老ピラフ。

ポイントはセロリってとこですかね。

セロリ入れると、ちょっと本格的な味がしてね、

すっごいウマいん。



細かく切ればセロリの繊維感もゼロだし、

バター入れるからセロリの臭みも消えるしね。

これ、セロリ嫌いな子も食べれるよ。



まぁ、特にレシピは書かないけど。

もう食べちゃったし。

覚えてないし。

クマ以下だから。

ごめん。








あとは、ミニグラタン。


こうやって見ると、ただのココット卵なんだけどね、

スプーンをざくっと一突きすれば。





とろ~り半熟卵がお目見え。

半熟卵の下は、ホワイトソースとチーズが入ってるので、

程よく半熟卵のとろ~りをからめつつ、

濃厚なグラタンが食べれる。というワケなんだな。




まぁ、これも特にレシピは書かないけど。

もう食べちゃったし。

覚えてないし。

クマ以下だから。

ごめん。











そして、グリーンサラダも。

グリーンサラダってか、

ちぎったレタスと切ったトマトって言ったほうがいい?

一応、サラダのカテゴリに入れてもらってもいいかな。

今時期のレタス、結構ブルジョワ価格だからさ。

あたし買ってないけど。

はるかが買ったヤツだけど。









そんなピラフ、グラタン、サラダ3点は、

愛しのティーマイエローの上で愛を語っていただいて。

久々に使った26cmイエロー。

やっぱ、カワイイ。

買う時はスカイツリーから飛び降りる気持ちだったけど、

買ってよかった・・・!

マジでよかった・・・!






ティーマイエローは限定だったのでもう手に入らないんですが、

アンダーに敷いたウッドプレートはこれ↓
25cm、30cm、34cmといろんなサイズがあるけど、うちのは30cm。



元々は、ピザをのせる用に買ったんだけど、

26cmティーマのアンダーにもなるし、ワンプレ使いもできるので、

結構重宝してます。










ポタージュはかぼちゃ。


ナツメグとシナモン入りで、ほんのり大人味のポタージュ。










久々のワンプレご飯。


またの名を手抜きご飯。とも言う。











で。











今日はクマをやぎ子に与えた時のお話。



実際このクマは、8月の末くらいに我が家に届いてて、

ホンオは9月末までに感想を投稿しなきゃいけなかったんだけど、

まぁ、なんかさ。

今回はさ。

もろもろとありすぎたジャン・・・?

アレとかコレとか、ライオンだったジャン・・・?

日本にいなかったジャン・・・?

とかさ。

長い人生、一度くらいはそんなことがあってもしょうがないよね。

うん。

で、

気づいたら〆切過ぎてたよね。

ということは綺麗さっぱり忘れていただいて。










ヒミツのクマちゃん最高。


ヒミツのクマちゃん最高。


ヒミツのクマちゃん最高。









とりあえず、率直な感想を3回書いておこうと思う。

フォント48で。










そんなクマちゃんをやぎ子に与えるべく、

まずは、箱を開けたあたし。





やぎ子「わぁ・・・!」





クマちゃんを抱きしめ、嬉しそうな表情をみせるやぎ子。



ホント、買って当ててよかったな、と思う瞬間。



子供のあの表情ってたまらんよね。

見てるこっちまで嬉しくなる。





あたし「あのね、このクマさんね、おしゃべりもできるんだよー。」





やぎ子「おしゃべりしたーい!クマさんとおしゃべりするー!」




目をキラキラさせておしゃべりがしたいというやぎ子。

そうかそうか。

じゃあ、早速おしゃべりしよう。

ばあやと遊ぼう。





あたし「じゃあ、このクマさん、ちょっと照れ屋さんだからさ、まず、心の準備をしてもらうね!

大きな声でゆっくり10まで数えたら、クマさんに話しかけてみて。」





と言い残し、

光の速度でリビング(リビングは1F、やぎ子は2F)にダッシュ。





トランシーバーのスイッチを入れ、通信開始。





あたし「やぎ子ちゃんこんにちはー。僕、クマだよー。」





やぎ子「クマさーん!!!!!」





おお。

思ったより音声良好。

よく聞こえる。





やぎ子「ねえねえ、クマさん。クマさんはどこから来たの?」





あたし「僕はね、クマの森から来たんだ。」




やぎ子「森!!!!!」





いいね、いいね。

イチイチ感動してくれるこの様子、嬉しいよ。

ばあや、嬉しい。

クマになりきる・・・!





やぎ子「やぎ子は3歳なんだけど、クマさんはいくつ?」





あたし「僕もね、やぎ子ちゃんと同じ3歳。」





やぎ子「わー!クマさんとやぎ子、同じー!」





あたし「同じ歳だね。ふふふ。」





やぎ子「うふふふふ。」





いいね、いいね、

コミュニケーションばっちり。





あたし「ねえねえ、僕はクマの森から来たけえど、やぎ子ちゃんはどこから来たの?」





やぎ子「やぎ子はねー・・・メキシコ!」





あたし「へえ!メキシコなんだ!」





やぎ子「飛行機できたのー。ガジェータ(クッキーのこと)食べたんだよ。」





うん、うん、

コミュニケーション、コミュニケーション。






やぎ子「ねえねえ、クマさんのお名前はなぁに?」





あたし「僕はね・・・」




名前・・・

名前・・・

名前は・・・考えてなかったな。

このまま「クマ」でもいいけど、ここはやぎ子につけてもらったほうがいいか。





あたし「僕ね、まだお名前がないんだ。やぎ子ちゃんにつけて欲しいんだけど、

やぎ子ちゃん、つけてくれるかな?」





と、言えば。





やぎ子「うん!!!!!」





と、やぎ子も嬉しそう。





やぎ子「じゃあね、クマさんのお名前はね・・・」

「プリキュア!!!!!」








斬新だな、オイ。










ご清聴ありがとうございます。

やぎ子のセンスに脱帽したら、こちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





そんなクマさんは、今後メキシコで活躍するそう。

プリキュアとして。














 AD