ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


芋煮・切り昆布・人参と人参の葉のかき揚げ・葡萄









あたし、今知ったんですけど、

なんか、世間一般的に、




3連休とか。










まぁ、あたしは例のごとく、3連チャンで仕事してんですけど、

連休とか全然関係ないんですけど、

なんか、うちの子に至っては、

3連休に学期末休みも重なり、




5連休なる、ちょっとした休暇を頂戴してるようで。







あたし「へー、こんな時期の5連休なんていいじゃん。なんか、儲けた感じー。」




と、率直な感想を述べてみたら。













ひな「毎日部活だけどね。」






と、朝6時から部活行ってた。














今の中学生って、ホントすごいね。

みんな、いつ遊んでんだろ。

そんなワケで、昨日の晩ごはんは、芋煮。



豚バラ×醤油の会津風と、豚バラ×味噌の仙台風と、

どっちにしようか迷って、

迷って、

迷った末、

牛肉×醤油の山形風にしたのは、





牛肉が安かったから。です。




牛小間100g88円。ひゃっほー!








ちなみに。

テーブルには22cmのマルミットで出してますが、

実際。

シャローひとつ分。

(というか、正確に言うと、この後、ネギやら舞茸やらを足したら溢れ、シャロー+ルクひとつ分できてしまった。)

作ってます。





3日食べる気、満々です。












あとは、産直で買った人参に立派な葉っぱがついていたので。

かき揚げ~♡





本来、天つゆを添えるべきものなんですが、

ひなが天丼用の甘ダレで食べたいっつーので、

天丼用の甘ダレを添えて。







でもさ。

やっぱさ。

甘ダレを見たらさ。

のせたくなるよね。


うん。

もちろん、タレもかけたくなってかけました。

うん。





L'asidさん、タレかけご飯を愛する会、健在です。

いつでも会員募集中です♡










あとは、箸休めに切り昆布。

本日のマヨは、ここに使われてます。




本気で消費しないと絶対追いつかないであろうマヨネーズ。

あたしとマヨネーズの闘いは始まったばかり也。













そして、お口直しの葡萄。


毎日必死で食べてる葡萄。

なのに全然減らない葡萄。




多分うちの葡萄、ワカメ級に増えてる。

(冷蔵庫に入れると増えるタイプです)












そんな、3連休初日のご飯。


連休中はずっと芋煮です。

あ、レシピはこちら→芋煮













で。














あれやこれやと怒涛のような日々を過ごしておりましたが、

今日は久々にうちの二番娘の話を。





先月、あたしが江戸に行ってる間、

足を痛めた二番娘。(どうやら足が外れたようです)








お医者さんの話だと、

「勝手に戻る子もいるからとりあえず様子みてみて~。」

と。

心配しなくて大丈夫だよ~。的な感じだったんですが、

実際、あたしが江戸から戻ると、

全然歩けなくて。

一歩も歩けなくて。





あたし「ああ~。かわいそうに~。」





とね。

ご飯を口に運び、

水を口に運び、

一時間ごとにトイレに運び、

飽きないように絵本を読み聞かせ・・・

と。





もはや、介護の域だった。













そんな生活を10日ほど過ごしたものの、

一向に歩く気配がなかった二番娘。



念のタメもう一度お医者さんに連れて行ったら、

もう大丈夫だから、そのうち歩くよ~。的な感じで。

なのに全然歩かない二番娘を、

こちらとてたいそう心配をしていたのだけれど、

ある日、

いつものようにタマを寝室に連れて行き、

その後、あたしのお風呂を済ませ、

再び寝室に戻ってみたら。






布団の上で楽しそうに飛び跳ねるタマを見た。












あたし「・・・・歩けるの・・・・?」













昼間、リビングにいる時は、

一歩も動けず、

お腹がすいたら座って抱っこを待つ。

トイレに行きたくなったら、座って抱っこを待つ。

トイレに行ったら、座って抱っこを待つ。

何かあったら、座って抱っこを待つ。

何もなくても座って抱っこを待つ。

と、

毎日その繰り返しだったけど、

ようやく足の痛みもとれたんだ。

あー、よかったー。

治ったんだねー。

と、

こちらとて大変安堵し、嬉しく思っていた。




この時は。
















そして、次の日の朝。





あたし「タマ、ようやく歩けるようになったみたいで!

昨日の夜なんか、布団の上をぴょんぴょんしてね、すっごい元気になったんだよー。」





と、さっそくみんなに報告。





よかったねー!

やったな、タマ!

と、家族全員からの祝福を受け、

リビングの床の上にタマを置くと。









タマ「・・・・・・・・・・」







歩かない。











さぶろー山「・・・・・歩かねーじゃん・・・」





あたし「あれ・・・?タマー?タマ、ちょっと歩いてごらんー?こっちおいでー?」





と呼ぶも、

歩かないどころか、微動だにしない二番娘。





さぶろー山「お前・・・寝ぼけてたんじゃねーの?」





あたし「いや、そんなハズはないんだけど・・・」





起きてたし。

しっかり見たし。

この目で見たし。





さぶろー山「夢だろ、夢。」





と、あらぬ疑いをかけられたけれど、

まぁ、タマも気分があるのかもしれないし。

ひょっとしたら、今は痛いのかもしれないし。

もう少し様子を見ようか。

と、

再び介護をしながら一日を過ごし、

夜、タマを寝室に連れていき、

あたしのお風呂を済ませ、

再び寝室に戻ると。








タマ「きゃっふん、きゃっふん、きゃっふーん♡」






超元気に飛び跳ねる姿が。





あたし「・・・え・・・?」













朝になると一歩も動けず、

夜になると飛び跳ねるという、

摩訶不思議な現象と、ドラキュラのような日々を3日ほど繰り返しただろうか。





あたし「あ、分かった。」





あたしは、とある事に気付いた。










あたし「タマ、布団の上しか歩かないんだ・・・!」










そういや、一番最初にタマが足が外れたのは、床の上だった。(目撃者さぶろー山談)

「キャン」と鳴いたのも床の上だった。(目撃者さぶろー山談)




もともと、臆病な二番娘ですからに、

これは、床が怖いのでは?

外れた時の痛さが忘れられず、床恐怖症になっているのでは?

ひょっとして床がダメなだけなのでは?

と、思い、

試しに床に毛布を敷いてみたところ。





テテテ・・・





歩く、歩く。







テテテテテ・・・








普通に歩いてる!!!!!











あたし「なーんだ、歩けるんじゃーん♡よかったねー、タマー♡」





と、喜んでみたはいいものの、

もともと、行動範囲が家中すべての二番娘。




どこまで毛布を敷けばいいのか。

家中毛布敷いてやれということなのか。




という、新たな悩みも勃発。











かわいいかわいい二番娘のタメならば、

家中に敷いてやりたい気持ちは山々だけれど、

うちとて、決して毛布屋ではないし、

家中毛布を敷くほど、毛布もない。







考えた結果、

タマが歩きたそうにしたら、歩きたい方向に向かってあたしが毛布を敷き、

歩き終えたら、毛布をたたみ、

再び歩きたそうにしたら、歩きたい方向に向かって毛布を敷き、

歩き終えたら、毛布をたたむ。



そんな、延々と毛布を敷き続ける手法をとってるんですけど、

なんだろうな。






意気揚々と毛布を歩く様子たりや。












レッドカーペットを歩く主演女優のようです。


今は、レッドカーペットの上でぬいぐるみと遊んでいらっしゃいます。











ご清聴ありがとうございます。

うちの主演女優に萌えたら、こちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





あたしは黒子か。













 AD