ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かぼちゃとキャラメルのブールドネージュ。








先生がいつも「ブールドネージュ」と言うので、

「ブールドネージュ」と書きましたが、

属に言う「スノーボール」のことです。




ブールドネージュ、スノーボール、どちらも同じお菓子だそうですが、

フランス式に呼ぶとブールドネージュ。

アメリカ式に呼ぶとスノーボールだそう。




学校では「ブールドネージュ」と呼ばないと怒られんですが、

個人的にはスノーボールのほうが一般的なんじゃないかなーと思う。


という、ブールドネージュ、もとい、スノーボールのハロウィン版を作りました。






ハロウィン版と言えばハロウィン版なんですが、

まぁ、

超短絡的思考のワタクシですので、




かぼちゃ味。というだけのことです。









あ、でも、中にキャラメルを練り込むという、ちょっと洒落たテクも見せてみました↓


ちょっと色の濃い粒々部分、あれね、キャラメル。





個人的には、

「ブールドネージュのかぼちゃ味」というか、

「キャラメルが粒々してるね」というか、

「まー、かぼちゃにキャラメル入れたらこんなんだよね」

くらいに思ってたんですが、

おかんが、







「ウマーーー!!!!!!」







と、吠えた後、

「こんなん食べたことない。」

「今までで作ったクッキーの中で一番イケてる。」

「もうこれは、世界中に売り出すレベル。」

と、大絶賛していたので、

好きな人には好きなんだと思います。






キャラメルのねちっとした感じに好き好きはあると思いますが、

とりあえず、混ぜるだけでできますし、

バターとか生クリームなどの贅沢品も使いませんし、

計量からラッピングまで1時間かからずにできる代物なので、

ざっくりとレシピ、書いておきます。










レシピかぼちゃとキャラメルのブールドネージュ


【材料】20個くらい
薄力粉・・・・・80g
かぼちゃパウダー・・・・・8g
アーモンドプードル・・・・・20g
グラニュー糖・・・・・25g
太白ごま油・・・・・35g
粒キャラメル・・・・・10g
粉糖・・・・・適量


【作り方】
1:薄力粉とかぼちゃパウダー、アーモンドプードルは合わせてふるう。


アーモンドパウダー入りなので、粉ふるいよりザルがふるいやすいです。



2:1のボウルにグラニュー糖を入れ、ゴムベラで混ぜる。


計りの上で計量しながら入れていくと、洗い物がボウルとゴムベラくらいなので楽ちん。


3:太白ごま油を入れ、ゴムベラで切るように混ぜる。


混ぜにくければ手で混ぜても。


4:粒キャラメルを入れ、ざっくりと混ぜる。


最終的に手で丸める時にどうにかなるので、粒キャラメルは混ぜ込むというより、入っていればいいです。


5:手でまるめ、オーブンシートを敷いた鉄板の上にのせる。


最初から丸めようとするのではなく、少量をとり、手でぎゅっと握ってまとめる感じで。
完全な丸型より若干デコボコしてたほうがかわいいよ。と、個人的には思います。


6:170度に余熱したオーブンで18~20分焼き、クッキングシートごと網にのせて冷ます。

焼き上がりがすっごく脆いので、シートごと移動して冷ましてください。


7:粉糖をたっぷりとまぶしたら、できあがり♡


かぼちゃとキャラメルのブールドネージュ。というか、スノーボール。






太白ごま油使用で、サクっと軽~い仕上がり。

アーモンドの香ばしさの中にかぼちゃの風味が広がるお菓子です。



生地に練り込んだキャラメルにつきましては、

生地内部に入ったものは、生地にほんのりキャラメル風味がつき、

外側に出てしまったものは、

ねちっとしたキャラメルの食感(チロルのキャラメルみたいな感じというか、噛んだら銀歯がとれそうというか・・・)・・・と、

2種類の味が楽しめます。







個人的には、ねちっとした食感が苦手なので、

中に練り込んだほうが美味しいんじゃないかなー。と思うんですが、

おかん的には、

「もっとねちっとさせて。いっぱいねちっとさせて。全部ねちっとすればいい。」

と、

超ねちっとオシだったので、

これも好みによるところかな・・・と。



どちらの食感にするかは、丸める時にどうとでもできるので、

お好みに丸めてください。











そして。

最近では、「友チョコ」に続き、「友ハロ」(友達ハロウィンの略だそう)なんて言葉もあるようで。

全国のお母様、ホントご苦労さんです。




迷えるお母様方が、

ラッピングという迷路に入ってしまわぬよう、

ラッピングも撮っておきました。


まぁ、得意のガス袋(万単位で所有)に入れて、

おリボン結んで、

シール貼っただけのものですが。





でもね。

クッキーのラッピングは、

どーしても欠かせないものがあるんです。


乾燥剤



クッキーは、そのまま放置しておくと、そっこーでしけっちゃうので、

必ず乾燥剤を。



シリカゲル(粒々のヤツ、よく海苔に入ってる)なら100均にも売ってるんですが、

今回使ったのは、シートタイプ







これ、最近買った中で一番のお利口さんなんだけど、

収納に場所もとらないし、

ファスナー付きの袋に入ってくるから小分けして使えるし、

1枚4円という安さも気に入ってます。

袋の底に敷いておくと、底板代わりになって、

丸いクッキーでも安定するので超おすすめ。










簡単サクほろブールドネージュ。

友ハロに是非♡







【使用資材】
かぼちゃパウダー
細目グラニュー糖
粉糖(トッピング用)
薄力粉ドルチェ
太白ごま油
粒ジャム(キャラメル)
ガス袋(マット)
シート乾燥剤
ティアラタイ(ジャック)
ロールカップ
りぼん
シール


お菓子・パン作りの総合サイトcotta
/ハロウィンレシピ満載~!\









計量からラッピングまで1時間って書いたけど、

多分、作ってる時間(焼成時間除く)は10分くらい。

思い立った時、サクっと、

目玉焼きを作る感覚で作れます。

/このクッキー、丼で食べたい。BYおかん\












ちなみに。

明日もハロウィンクッキーをUPする予定なんですが、

明日はちょっと小粋なヤツです。







ご清聴ありがとうございます。

サクほろブールドネージュ、食べたくなったらこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





ハロウィンまであと2週間。














 AD