ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


湯豆腐・焼き笹かまともやしの柚子胡椒和え・甘辛さつまいも











あたしもさぶろー山もお休みだった火曜日。

群馬までドライブに行こうか?

という話も出ていたけれど。



あたし、日曜日の夜、群馬を越えて帰ってきてて。

何が悲しゅうて、越えたところに戻らねばならんのだ。

という話と、

VS上野駅との戦いで、

筋肉痛というお土産も頂戴してまして、

体中がバッキバキ。





あたし「やっぱ、今日は家にいたい。」





申し訳ないけど、そっとご辞退させていただきました。





さぶろー山「えー!一緒に紅葉見たかったのにー!」















紅葉より夢が見たい。 

ようは、寝たい。と。

よって、晩ご飯は手軽に早く安く最小限の動きで作れるもの=湯豆腐




若かりし頃はさ、

焼きそば、おでん、カレーに並んで「おかずにならないもの」と評され、

「晩ご飯がコレだったら帰りたくないもの」にも堂々ランクインしてた湯豆腐だけど、

歳をとればとるほど好きになり、

今じゃ毎日会いたいくらい、愛してる。





そんな湯豆腐には何を入れるか。

白菜を入れるおうちもあるし、ネギを入れるおうちもあるし。

水菜をいれるおうちもあれば、肉を入れるおうちもある。



肉を入れたら、それはもう「寄せ鍋」では?

と思わないこともないのだけれど、

上には上がいて、

友達んちは「餅」を入れるらしい。

しかも、餅の他、鶏肉、白菜、葛きりも入るらしく、

個人的には「鍋」と呼びたい感じ。





さぶろー山「えー!俺もそんな湯豆腐たべたーい!」





うん。でね。

うちの湯豆腐は至ってシンプル。

豆腐と昆布のみ。




まー、白菜がいっぱいあれば白菜入れたり、

ネギがいっぱいあればネギを入れたりもするけれど、

豆腐と昆布だけ。っていう潔さもこれまた一興。





さぶろー山「俺はイヤだけどー。」





ええ。

ヨイものです。









そんな湯豆腐には、

ポン酢と薬味のネギを添えまして。





さぶろー山「ついでにお肉も添えてくれればいいのにー。」





ふつふつっと煮立ったところをいただきます。

ひな「湯豆腐おいしー♡」





さぶろー山「あれ?おかしいな、お肉がないぞ?」





あたし「いいねー、超あったまるー♡」





さぶろー山「おかしいな、なんでお肉がないんだろう?」





おかん「いいねー、久々の湯豆腐、うまいわー。」





さぶろー山「うーん、どうしたことか。俺のお肉はいつになったら出てくるのか。」





うん、そうね。

個人的には鍋よか好きなんだけど、





さぶろー山「俺はお肉が好きなんだけど。」





唯一、湯豆腐で欠点を感じるとしたら。










おかずにならないこと。






さぶろー山「だよな、だって肉ねーし。」





うん。大好きだよ。

すっごく大好き。

毎日会いたいくらい愛してはいるけど、

ポン酢と豆腐ばっかじゃさ、

お口も飽きるよね。





さぶろー山「うん、なんせ、肉がねーからな。」





食感求む。ってか、

味カモン。ってか。

他のもの、食べたくなる。

メインがお鍋なのに他におかずを作るって、ちょっと負けた気がしないこともないんだけど、

食べたい気持ちには逆らえない。

なにせ、食欲の秋だから。



ってことで、焼き笹かまともやしの柚子胡椒和え。






さぶろー山「で、肉は?」





さっぱり湯豆腐に、さっぱり柚子胡椒和えだと、

まだまだお口がサビシイので、甘辛さつまいもも。


コチュジャン入りのピリ辛味♡





さぶろー山「・・・・で、肉・・・・・?」





さつまいもつまんで、

湯豆腐食べて、

さぶろー山に「あー、ここに肉が入ってれば」って嫌味言われて、

柚子胡椒和えつまんで、

湯豆腐を食べて、

さぶろー山に「あー、これがお鍋だったらー。」って嫌味言われて、

程よく鍋がはけたら。

さぶろー山「よーし!肉入れっぞー!」





ハイ、では登場していただきましょう。





本日の〆セット♡

卵2玉、うどん3玉、醤油とみりん、酒を適当に合わせたもの適量、かつおぶしいっぱい。





さぶろー山「あれ?お肉は?」





まずは、醤油、酒、みりんを適当に合わせたものも入れて、味をみながら火にかけて。

ついでに、うどんを入れてぐつぐつっと煮込んで。





さぶろー山「ついでに骨のついた鶏肉をどどーんと。」





程よく火が通ったら、溶き卵を回し入れて。

卵は少量の水溶き片栗粉と共に溶くと、ふわっとしたかきたまができるよ♡





さぶろー山「どどーんと・・・・・」





ふわっとしたかきたまができたら、最後に。

/かつおぶしどーん\




かつおぶしはぐつぐつすると渋みがでちゃうので、入れたらすぐに火を止める感じで。

たっぷり入れれば入れるほど美味しいので、予算の許す限り入れてやってください♡

(↑あ、かつおぶし、水を吸うんで、そこ、忘れないように)





さぶろー山「・・・・・お肉・・・・・・」





〆のおうどんできあがり~♡


さぶろー山「お肉ーーーーーーー!!!!!」





それ、君いっぱい持ってっから。

お腹んとこ、いっぱいついてっから。









で。

〆のおうどんは、こう見えて、超本格出汁。

たっぷりの昆布が出したいだけ出したお出汁。

そこに、これでもかー!ってくらいかつおぶしも入れてんだから、

美味くないワケがない。

超本格派。

ええ味出してる。


ひな「あー、お腹いっぱいだねー。」





1丁28円の豆腐と1玉27円のゆでうどんでものすごい満足度。





あたし「ホント。体中ぽっかぽかで、お腹いっぱーい。」





さぶろー山「そうだねー、全然満たされないねー。」





とても、4人分300円献立とは思えない満足度。





さぶろー山「そうだねー、お肉食べたかったよねー。」













湯豆腐いいわー。

個人的には毎日でもいいわー。

ひな「ひな、明日も湯豆腐がいいなー。」





え、ホント?





ひな「うん、明日も明後日もやなさっても、毎日湯豆腐がいいー。」











よっしゃ、任せとけー。















P・S   「オ レ は イ ヤ だ」 BYさぶろー山









ご清聴ありがとうございます。

さて、水曜日、うちの晩ご飯は湯豆腐だったでしょうか?

湯豆腐だったと思う方、左を。

味を変えた湯豆腐だったと思う方、真ん中を。

湯豆腐以外だったと思う方、左をポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





毎日湯豆腐、大賛成。













 AD