IMG_7803-1
万全の態勢を敷いたつもりで、数々のトラブルに見舞われた我が家の受験記録です。



序章はここ→お受験物語 ー序章ー

1章はここ→お受験物語 ー1章ー

2章はここ→お受験物語 ー2章ー

2.5章はここ→お受験物語 ー2.5章ー

3章はここ→お受験物語 ー3章ー



今日は4章で、衝撃の告白編。










1時間ほど眠っただろうか。

目覚めたら、外の景色がすっかりと変わっていた。





あたし「・・・真っ白だねえ・・・」





たった1時間の間に、家の周りを白く染めるほど積もった雪。

真っ白になった庭を見てつぶやくと、





さぶろー山「ひなの答案も真っ白じゃないといいけどな。」








冗談でもやめて。

本当にあり得そうなこと、言わないで欲しい。










そのまま、あたしは何をするワケでもなくお迎えまでの時間を過ごし、

さぶろー山は嬉々と領地拡大(三國志の)に勤しむ時間を送り、





あたし「ちょっと早いけど、そろそろお迎えに行こうか。」





さぶろー山「んー・・・そうだな・・・ちょっと早いけど雪だしな・・・」





雪で渋滞することを考慮し、

あたし達は少し早めのお迎えに出ることにした。





玄関に鍵をかけ、

車のドアを開けると、





さぶろー山「さっ、行こ行こ!」





当たり前のように助手席に座るさぶろー山。





あたし「・・・いや、雪だし、危ないし、あたし寝不足だし、さぶろー山が運転してよ。」






と言えば、





さぶろー山「え、俺、酒飲んじゃった!」





え、俺、酒飲んじゃった!

俺、酒飲んじゃった!







酒飲んじゃった!






あたしの中で、ふつふつと殺意が沸いたのは言うまでもなく、

受験に最も不必要なものは父親であることも学んだ。
securedownload-2
P・S この日の国道。一寸先は白。






途中、セブンイレブンで揚げぷよを調達した。

ひなも疲れてるだろうし、回収したら、とりあえず糖分の補給をさせてやろう。



そんなことを思いつつ、

志望校近辺をウロチョロしていると、ひなからLINEがきた。
securedownload (2)-1
初のLINEは漢字2文字。

「?」すら使えない不慣れさがカワイイ。





さぶろー山「おー、ちゃんと携帯使えてんじゃん!」





あたし「どこにいるって?」





さぶろー山「あ、電話きたきた!もしもしー、ひなー?もう近くにいたけど、どこにいる?」





万が一に備えて持たせた携帯。



筆記用具を忘れた場合は学校で貸してくれるし、

受験票を忘れた場合は試験官がどうにかしてくれるし、

弁当を忘れた場合は気合いで耐えればいいし、

いずれも合否には影響しないらしいし。



「携帯が鳴るときは、最悪の時・・・!」



と、覚悟していたけれど、

入試が終わるまで使われることがなく、

学校を出てから正しく使われたことにホッとした。





さぶろー山「ひな、志望校の前の通りにいるって。2本目の角のとこで待ってるってさ。」





指定された場所に向かうと、

ひなが友達を2人連れて待っていた。





ひな「ママー、お友達も一緒に乗せてもらってもいーい?」





と言ったひなの顔は、心なしか明るい。





あたし「いいよいいよー。おうちまで送るからみんな乗ってー。」





お友達を先に乗せるべく、ひなは車の後ろでしばし待機。

久々の雪が嬉しかったのか、雪を踏みしめ、喜んでいる様子がバックミラーから見えた。

右手にはピカピカの携帯が光っていた。





あたし「ひなも乗ってー。出発するよー!」





ひな「ハーイ!」





ひなと友達2人を後部座席に乗せ、車を走らせた。





みんな、この日に向けて、一生懸命勉強をしてきたんだろう。

バッグミラーに写る子供達は、みんなホッとした様子だった。



今日さえ終われば、9割方終了。

みんな、よく頑張った。

よく頑張ったよ、お疲れさま!

と言いながら、揚げぷよを配った。





さて、ここであたしが一番気になるのは、

「入試がどうだったか」という一点に尽きるのは当然のこと。



これがもし、ひなだけだったら問題なく聞ける。

「入試、どうだった?できた?難しかった?勝率何割?」くらい聞けるのだけれど、

よそのお子さんがいる場合、どうだろう。



万が一、全然できなかった子がいたら。

絶対に聞かれたくない子がいたら。

あたしが聞いたことにより、ものすごくショックを受けてしまった子がいたら・・・!




そう思うと、「入試どうだった?」とは、うかつに口にできないワケだけれど、

でも、聞きたい。




問題はどうだったのか、出来栄えはどうだったのか、受験番号はちゃんと書けたのか、

名前は書けたのか、アミダの冴えはどうだったのか、

ものすごく聞きたい。

めっちゃ気になる・・・!



でも、万が一、全然できなかった子がいたら・・・!

絶対に聞かれたくない子がいたら・・・!

あたしが聞いたことにより、ものすごくショックを受けてしまった子がいたら・・・!



うかつには聞けないけれど、

問題はどうだったのか、出来栄えはどうだったのか、受験番号はちゃんと書けたのか、

名前は書けたのか、アミダの冴えはどうだったのか、

どうしても、聞きたい・・・!





なとどいう考えが頭を巡り、

高速で脳内をリピートしていると、





友達「英語、超難しかったよねー!」





お友達からナイスタイミングな話題。



これはしめた!

いい波がキタ!

と、心の中でほくそ笑んだあたしは、





あたし「うんうん、どうだった~???」





と、会話の波に乗り、

軽い感じで言葉を発すると、












ひな「美味しかったよ!」










違う、そうじゃない。

聞きたいのは揚げぷよの味じゃない。

入試の出来栄えだ。





頓珍漢な娘には、これ以上ないほどの不安を抱いたけれど、

でも、まぁ、しょうがない。

この日のために本当に頑張ってきたのだから。

多少の頓珍漢は愛すべき長所である。





みんなで頓珍漢なひなを笑いながら、

今日の出来栄えや明日の試験の内容を話した。

友達を無事に送り届けた後は、塾に寄って、明日の試験対策のプリントを貰った。



塾の先生は、

「今日は絶対早く寝ること!答え合わせなんかしちゃダメだよ!

帰ったら、そのプリントに目を通して、ご飯食べて、お風呂入って、すぐに寝る!

絶対に答え合わせなんかするなよ!」



多分、今日の出来栄えが明日のモチベーションにつながるんだろう。

塾の先生は、「絶対に答え合わせなんかするな」「早く寝ろ」と、2つのアドバイスをくれた。





ギリギリで駆け込んだあたし達親子を、

最後の最後までみてくれて、

時にはあたしにまで授業をしてくれて、

しかもあたしの授業は無料で、

本当にお世話になった塾。



受付の女の子が、心なしかramちゃんに似ていて、

人見知りなうちの子が全然人見知りしない。っていうだけの理由で選んだ塾だったけれど、

この塾は本当に大当たりだった。

あたし達親子をスタート地点まで導いてくれた。





でも、お世話になったと言えば、

家庭教師の先生はそれ以上。



集中力のないうちの娘に根気よく教え続けてくれて、

契約の時間を過ぎても授業をしてくれた。

それも一度や二度じゃなく、何度も何度も。



勉強だけならいざ知らず、

受験の心得やひなのメンタルまでみてくれて、

なんなら、契約が終わった今もひなの進路相談にまでのってくれる道しるべ。



本当にいい先生だった。

もとい、読者さんだった。





たくさんの人に支えられて、今日という日が迎えられたこと。

今日という日を越えられたこと。

あたしは本当に感謝した。





自宅に辿り着き、

あたしは塾の先生に言われた通り、

ひなにプリントを預け、

晩ご飯の準備に取り掛かった。





最後の験担ぎだ。

最後のカツだ。

夜は揚げたてサックサクのカツを食べよう!





と、豚肉を冷蔵庫から出したところで、

ひなに呼び止められた。





ひな「ねえ、ママ・・・ひな、車に乗って帰ってきたよね?」





車に乗って帰ってきたもなにも、

友達と3人で笑いながら後部座席にいたのは、つい5分前のこと。



勉強のしすぎで頭がおかしくなったのか、

嬉しすぎて頭がおかしくなったのか、

どうせおかしくなるなら明日以降にしていただきたいものである。





あたし「車で帰ってきた・・・よ?」





と言えば、





ひな「・・・・・いや・・・あのね・・・なんかね・・・・・」





何か言いたい事があるのか、

ひなを見れば、いささか顔色が悪い。





あたし「ん?どうした?大丈夫?具合悪い?」





と、気遣えば、











ひな「あいふぉーんがないの。」





あたし「え。」










ご清聴ありがとうございます。

え。と、思ったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






To Be Continued・・・! 












\リアルタイムで更新情報が届きます/