IMG_4482-1
もうじきバレンタインですね。





こうしている間にも、

刻一刻と迫っているのに、

今年はどういうワケか、

何もできてないどころか、

買い物すらしてなくて。



心ばかりが焦る中、

何を思ったか、

ひなと大喧嘩して、

朝から病院っつーね。




厄年かよ。










もー、ホントに、

喧嘩してる場合じゃないんですけど、

とりあえず、今日はラッピングの特集でも。



あたしの心とは裏腹な、晴れ晴れしい気持ちでご覧ください。
IMG_6222-1
これはノア・ショコラのラッピング。

ショコラを箱に詰めただけの1分ラッピング。




たった1分で高級感が演出できる。

それが、箱というもの。
IMG_6189-1
実際、箱代はかかるけど、

リボンをかけるだけでそれなりのカッコよさがでるので、一番楽な方法だと思う。

本命用ならやっぱり箱がおすすめ!





同じショコラでも、袋に入れればカジュアルに。
IMG_6334-1
これはOPPという薄いセロファンの袋を使っているので、

すっごく安価にラッピングできます。

タイやシールを入れても、1個当たり20円とか30円とかそんなくらいの価格。

気兼ねなく配りたいなら、袋がおすすめ。





ラッピングの詳細はこちら→ノア・ショコラ
IMG_6126-11-1
ついでに、ノア・ショコラのレシピもこちら→ノア・ショコラ








ちょっと気合いを入れて、トリュフなんぞを作った方は、

やっぱり箱のラッピング。
IMG_7375-1
トリュフ箱もいろんな色や柄のものがでてるけど、

あたしのおすすめは柄のない黒一色タイプ。

シンプルなもののほうが、何色にも合わせられるし、結んだリボンが映える。

そして、安い。



ここで使ってるのは、トリフカートンくろ9ケ用という100円くらいのもの。
IMG_7359-1
最初はこんな感じで届きます。



ちょちょっと折りこんであげると。
IMG_7360-1
うん、トリュフケース。



ケースができたら、グラシンケースに入れたトリュフをひとつずつセットして。
IMG_7362-1
グラシン紙をシールで止める。



そして、箱の蓋も閉じる。
IMG_7366-1
箱によっては、シールやテープなどで固定が必要なものもあるけど、

この箱は固定しなくても大丈夫なタイプ。



あとは、お好みのリボンを結んで、シールで固定。
IMG_7370-1
こちらは、ちょっとカジュアルな雰囲気で、アンティークなくしゅくしゅリボンシールで。



華やかにみせたい時は、オーガンジーリボンにワイヤー入りの太目リボンを重ねて。
IMG_7372-1
そして、リボンは同色のシールで固定。



全く同じ箱でも、結ぶリボンによって全然違った雰囲気に。
IMG_7377-1
シンプルな黒い箱、超おすすめ。








手軽に作れるチョコバーは、

量産しやすく、失敗しにくく、友達にも配りやすい人気のチョコ。
068-1
バータイプのチョコは、作りやすいうえ、ラッピングもしやすい。



セロファンで包んだりしてもかわいいけど、

いちごのチョコを使った場合は、ワックスペーパーもいちご柄で揃え、

女子力を謳う。
081-1
ワックスペーパーでキャンディ包みにしたものを赤い麻紐で縛っただけですが、

大き目のシールで固定すれば、それもラッピングポイントに。





ラッピングの詳細はこちら→アポロ風チョコバー
043-1
ついでにレシピもこちら→材料3つ♡アポロ風チョコバー








作ったチョコレートがかわいい場合は、

全面にチョコを押し出して。

OPPシートで包む。



上の画像だけ見ると、ナニコレ。って感じなんですが、

実はこのチョコ、すごい萌える。

肉球。



多分、肉球が好きなのってあたしだけじゃないと思うんだよね。

一日中肉球が触りたいのもあたしだけじゃないと思うんだよね。

ついついクンクンしちゃうのもあたしだけじゃないと思うんだよね。











たまらんよね、肉球!









っていう肉球を、チョコという形にして、

セロファンで包んだのは、確か去年の話。

これは、棒をさしてケーキポップ型にしたヤツだけど、

実はもうひとつかわいいのも作ってた去年。





まさかの。

指輪。





しかもこれ、

ちゃんとリング部分もついてっからね。



もちろん、

指にも装着できるしね。





肉球であれど、

まごうことなき指輪なワケですが、

でもこれ、

専用のパーツが必要で、

今年も売ってっかなーと思ったら。
あった。



これで今年の指輪も作れますね。

バレンタインには肉球リングをあげて、ホワイトデーには本物を回収してください。





そんな肉球チョコはこんな感じにラッピング。

テトラ型。



ガス袋に肉球リングを入れて、シーラーで閉じただけなんだけど、

テトラ型もいろいろ遊べて楽しい。

余白部分にパンチで穴をあけてリボンを通してもかわいいし。



そこまで面倒したくないって方は、マステを貼るだけでもカワイイ。

もちろん、シールでもカワイイ。





1ケ月後には本物の指輪を回収する方は、箱でもいいしね。

箱に入れると、肉球リングがいっそう指輪らしい。



ちなみにこの箱、100均(確かセリア)で買ったんだけど、今年も売ってた。

彼女が肉球型を持ってることに気づいた彼は、

速やかにバイトを。




肉球のラッピングの詳細はこちら→肉球シリーズのラッピング

肉球リングの作り方はこちら→肉球リング

肉球ショコラショー(棒のささってるがん)の作り方はこちら→肉球ショコラショー






まぁ、チョコレートって、

生クリームみたいにくっついたりしないので、

比較的ラッピングのしやすい素材だとは思うんですが、

ひとつだけ注意したいのは、





触らないこと。






チョコは指紋がつきやすいからね。

特にテンパリングに成功したテッカテカのチョコは、

ほんのちょっと触れたような気がしただけで、





オワタ。


って感じ。











そんなチョコは、

触れさえしなければラッピングもしやすく、

大抵の形にも対応できるけど、

毎度頭を悩ませるのが、生クリーム系。



コッテコテのデコレーションケーキなんかは、

箱という鎧が必須になるけれど、

ロールケーキくらいなら、鎧がなくても大丈夫。

これは、ロールケーキの真ん中部分(生クリームのとこ)にだけ、ケーキフィルムを巻いてあげれば、

あとはガス袋でも大丈夫。

柄付きのガス袋なら、リボンやシールがなくてもかわいいので、一番安価にお包みできます。





もうちょっとしっかり包みたい場合は、角トレーを入れたラッピングがおすすめ。

角トレーってなんぞやって感じですが、

平たく言えば、ローソンのプレミアムロールケーキに敷いてある透明のトレーのこと。



そんなん売ってんかい。って感じですが、

売ってんですよ。 それも、10枚から買える。





ロールケーキなら、1本焼けば6~7人分にはなるし、

切り分けるのも簡単なので、

友チョコにも持ってこい。

ラッピングの詳細はこちら→ロールケーキのラッピング








友チョコならカットしたラッピングがおすすめですが、

本命なら一本丸ごとあげますわよね。

一本丸ごと包みましょうか。
IMG_4480-1
これは、端を切り落としたロールケーキを、

OPPシートで包み、フレーバーシールをペタっと。(ちなみにこのロールケーキ、ココア生地にバナナ入り)



そしたらあとは、箱という鎧を着せて。
IMG_4486-1
リボンとシールでおめかししてやれば。



ほーら、よそ行きの顔。
IMG_4493-1
/キリッ\



ご覧の通り、箱を使う場合は、

箱が鎧という最も重要な役割を成し、

なんなら箱の出来が回収の際にも影響を及ぼしかねないワケですが、

本命(指輪をくれるヒト)にあげる場合は、

少しだけいい(高い)箱を使ってあげると、

来月の回収が期待できると思います。





あと、

バレンタインはチョコのイメージが強いんですが、

奇をてらって、和風のロールケーキなんかを焼いた場合は、

こんなラッピングもありかな。と。

風呂敷ラッピング。



OPPシートで包んだロールケーキを風呂敷で包んだだけ。

風呂敷、タグ、共に100均。










このまま焼き菓子ラッピングまで進もうと思ったんですが、

バカ娘の帰ってくる時間なんで、頭突きの練習に入ります。






ご清聴ありがとうございます。

頭突き・・・?!と思ったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






親の心、子知らず。

だけれども、

子の心、親知らず。









\リアルタイムで更新情報が届きます/